LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

無敵の左腕に進化中 藤岡貴裕 

藤岡貴裕(東洋大)
投手 左投げ左打ち

【紹介】-高校時代に一目ぼれした左腕-
高校3年のセンバツに出場したのをみて、「この投手は!!」と一目ぼれした投手で、非常に記憶に残っている。ドラフト仲間とやる、仮想ドラフトでも、外れ1位にするか非常に迷ったのも覚えている。(競合の可能性があった為、「外れで競合するほどじゃない」と引いた。ドラフト仲間でも話題の投手だった)
その時のメモを探したが紛失した為、詳細は書けないが、とにかく「打ちにくそうで、まとまりある左腕」というのが私好みだったと思う。
その投手が、私の予想をはるかに超えて、成長し、アマNO1左腕。それどころか菅野(東海大)以上の1位指名数もあるのではないかと噂されている。

【タイプ フォームイメージ】
昨年までは、球持ちが非常によく、140㌔のボールの割に打者が詰まる、空振りをするというタイプの投手だった。藤岡が投げていると、バッテリー間の距離が非常に短く感じる
意外に小器用で、カーブ・スライダー・スクリューなど左投手が身につけておきたいボールもしっかりと持っており、安定感がある投手で、プロで先発を十分に任せたい投手だった。(怜王が順調に成長してりゃ、このタイプのはずだったんだけど)
しかし、今年に入り、球速が4・5キロ増し、大学選手権(福岡大戦)では、今までにないほどストレートばかりのパワーピッチをするという姿が見られた。プロに入るにさいし、ワンランク上のストレートを身につけようとする姿勢かもしれない。
フォーム的に似ているのは、高橋尚(元巨人)、塩見(楽天)。足を上げてから、なかなか着地しない技巧が良く似ている。この「間」が自在に操れると打者の打ちにくさを誘う。

【打者の討ち取り方】
昨年までは、大きな縦割れのカーブに大きな横曲がりのスライダー、左右のストレートのコントロールにスクリュー(フォークかな)と左右・高低・緩急の3つのバランスが適度に取れた投手だった。

【ストレートの質・球速】
ストレートの質は最高球質。ギュイーンと打者が気後れしてしまい、思わず見送ってしまう逸品。重さと伸びがあるボール。平均球速は144・5㌔。縦の角度もややあり、横の角度が強くあるボール。インローに決まる、クロスファイヤーは、プロの右打者でも苦労するだろう

【変化球】ーカーブ・スライダーが凄いー
球種はカーブ・スライダー・スクリュー(フォーク?)・カットとあるようだが、一級品のカーブ(115㌔)とスライダー(125㌔)を両立出来る投手は意外に少ないものだが、藤岡はそれが出来ている。工藤公康(元西武)が99年以降、両立させていたが、他にあまりパっと思いつかない。どちらも大きな変化幅のあるボール。それでいて、どの変化球も腕が緩まない。こういった細かい技術が身についているもプロ好み。

【コントロール】
この部分だけ今年は不満が残った。やたらと高目に抜けるボールが散見された。昨年まではこういったボールは少なかった気がする。但し、140㌔ほどに落として、低目にストライクを取りに行けば、ある程度捕手に構えた所にいく。今はストレートを伸ばそうとしている為、こういった球が多いのだろう。これが操れれば、ワンランク上の投手になれる。
元々、左右の投げ分けは出来ていたので、コントロールが悪いとは思えない。

評価】S+
当然、最高ランクの投手で文句なし。全てが高い次元で達成されている投手といえる。福大戦でみせた、下手なパワーピッチをプロで続けるような事をせず、総合力の投手である事を自覚していれば、即戦力として活躍出来ると思う。但し、ストレートをもっと磨こうとする姿勢の現れとあの試合を診れば、その意気やよしといえる。

スポンサーサイト

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/612-301315d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。