LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ため息をつくのは、もう止めよう(ヤフードームため息撲滅運動) 

私は、出張に出る際、ブックオフなどで、昔読んだような古い漫画を廉価で買い集め、ホテルで読むのが楽しみとしているのですが(いい歳をして)、珍しく現在連載中の漫画にハマっちゃいました。それは、野球ファンの方なら、ご存知の方は多いでしょうが、「おおきく振りかぶって」(ひぐちアサ著)という漫画です。

作者は女性ですが、ドカベン(高校野球編)の試合内容・配球まで記憶していたというだけあって、野球に愛情が感じられ、野球好きでも納得出来る、リアリティのある野球理論(戦術・配球の合理性など数ある野球漫画でもトップランク)が散りばめられています。それでいて、冷めているようで、純な高校生の細かな心理描写も実に巧く描いてあります。
私は、高校野球をやっていませんが(クラスには、私のような少年・中学野球経験者が多く、そのメンバーで草野球チームを作り、緊張感の無い青春を送ってました。自分がやるより、やってきたホークスをたくさん観たいって気持ちも強かったし。どうでもいいけど、カッコの部分が長いね、こりゃ)これを読むと高校でもやっときゃ良かったと少しだけ思いましたね。

その中で、ちょっとドキっとするシーンがありました。同級生の野球部の為に応援団を作りたいとする、中学野球経験者の「ハマちゃん」が(あー俺も野球部のキャプテンとは非常に仲良かったんだから、応援団でもつくりゃ良かった。試合は学校サボって観に行ったけど)女監督の「モモカン」に声を掛けられるシーンなんですが・・・。


モモカン「応援団は、選手を元気にも出来るけど、選手のやる気を一気に奪う事も出来るの。」モモカン「スタンドの何が選手のやる気を奪うと思う?」ハマちゃん「えーっと、味方のため息かな?」モモカン「ため息が出るのは、一生懸命応援している人が、がっかりした時にするよね。」モモカン「だから、浜田君は、ポジティブシンキングを身に付けて、スタンドを常に前向きにしてやって欲しいの。」

最近、雁ノ巣でも、ヤフードームでもため息が目立つ気がします。中には、救援に失敗したリリーバーが出てくると変なざわめきやブーイングに近い声も。出来たら、あれが少なくなったらなと思っちゃたりしたりして。私も、これを読むまで、しっかりと「あーあ」とため息ついてましたので、まずは「魁より始めよ」で、一人ため息撲滅運動をやっていきたいと思います。

「金払って観に行ってんだから、ため息くらい文句言うな。」とお思いの方も多々おられるでしょう。「ため息くらいで、プロが動揺すっかよ。」という方も多いでしょう。しかし、案外、プロまで行くような選手は、感受性も強く、影響を受けないとは限らないかと。特にファームから、上がってきた選手は、それに呑まれてしまいそうな。ともあれ、ポジティブ感覚溢れる球場の雰囲気作りを応援団を中心に望みたいですね。

 

 

 

 

スポンサーサイト

テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

こちらも同感!

ま、ファンの心理としてはわかります。

でも、例えば、信彦や小久保が「気合いを入れろ」コールをあんまり好きでないとブログで語ると、意地になって応援団がやったりした。叱咤激励、と考えたんでしょうが、選手が不愉快に感じることをやって、それで果たして応援だろうか?って考えさせられました。

上手くいくときも、いかないときも、調子のいい時期も悪い時期もある。そりゃ人間がやってることですからね。それも含めて全部野球だと思います。

勝っても負けても野球を愉しめる、一つ一つのプレーを愉しめる、それ自体が有り難い。自分はそう考えるようにしてます。

「おおきく振りかぶって」
自分はまだコミック読んでないのですが、深夜にやってたアニメにハマりました。おもしろかったので、今度、コミックも読んでみようと思います。

HiRO@zetton05 #CyU1zRSw | URL
2008/05/08 23:03 edit

No title

>HiRO@zetton05 さん

「気合を入れろ」って、あれ以上気合を入れさせてどうするのって感じがしますね、松っちゃんの場合。
最近、選手が「一緒に戦って行きましょう。」とファンには嬉しい言葉を掛けてくれる事が多いのに、なんか、ファンがえらく選手に対して、上から目線というか、選手との一体感が薄くなった感じを持っています。「負けても、明日は頑張れと。」と応援していた平和台時代がちょっと懐かしいような。

私は、野球選手に対しては、いつまでも憧れの気持ちを持って、応援していきたいと思ってます。特に同じ歳の松っちゃんには、自分たち、野球少年だった者の代表選手のような気持ちで応援しています。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2008/05/09 20:53 edit

No title

> 野球選手に対しては、いつまでも憧れの気持ちを持って

それは凄く大事なことですよね♪
それ失ったら、どこかの「たかが選手ごときが」と言い切ってしまう元オーナーと基本変わらんですからね。

HiRO@zetton05 #CyU1zRSw | URL
2008/05/09 22:30 edit

No title

HiROさんのサイトから流れてきました。
よろしくお願いします。

私にとって、とてもタイムリーな話題でした。
先日東京ドームに阪神戦を観にいったのですが、ビジターながらのあの大声援!圧倒的です。
選手は乗らない訳はありませんね。

ファンの応援が少しでも選手の力になるならば、オラがチームを愛情もって支えるだけだと思います。

> 平和台時代がちょっと懐かしいような。

同感です!なんだか牧歌的な、皆でチームを育てていこうみたいな。根付いていく感じがすごく好きでした。
ホント思い出しますね~。


ちなみにラミレスの疑惑の?一打は現地で観ましたが、思い切りスタンドインしてました笑

minoru #- | URL
2008/05/10 01:35 edit

No title

>minoru さん

HiROさんの「So What」のような熱いハートでありながら、理知的なブログはなかなか書けるものではありませんが、こちらもよろしくお願いします。

仰るような「みんなでチームを育てていこう」という雰囲気は無くなった感じがします。もしかしたら、雁ノ巣すらもなくなったような。

それどころか、「昔(99~05年頃)のチームは良かった。」といった感じが、ファンの間から、段々出てきているのは、末期の西鉄ライオンズに通じているのかも?(私は小学生に上がる前でしたが)ちょっと危惧するところです。(って、平和台時代を懐かしんでいる俺が言う事じゃないか?)

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2008/05/10 16:57 edit

長年、野球を観ていれば…

かつてのHawksほどの、レギュラー陣が盤石で強いチームって、なかなか若手に出場機会が無いので、そのチーム全体に衰えが出始めると、チームの再構築に結構年数がかかるというのは経験的に知ってます。

が、今はホントに、強いHawksしか知らない≒野球ファンとしても年数が浅いファン、が多い感じがしますねぇ。出来上がったチームしか知らないし、そういうチームを再構築する難しさも知らない。
でも、年数が浅いだけなら別に悪いことでは無いので、今のHawksを観て、そういうものだと理解していって欲しいとは思います。

なので、今後、自ブログでも、その辺のこと、自分たちにとっては当たり前のことでもなるべく書いていこう、と思っているところです。

HiRO@zetton05 #CyU1zRSw | URL
2008/05/11 01:15 edit

No title

>HiRO@zetton05さん

今の西武があれほど打つのを観て、あそこは若手が育つのに、ウチは・・・といったファンもおられるようですね。

しかし、今をときめく、西武の若手野手だって、今のホークスの若手のようになかなか結果が出ず、結果が出たとしても、長続き出来なかった選手がほとんどでした。おかわりだって、GGだって、細川だって。
その苦労が、今やっと実りつつあるのかなという感じがします。マスコミは首脳陣が変わった事が良かった云々と喧伝していますが。ポッと出の選手なんか、なかなかいないんですよね。一軍と二軍のエスカレーター生活を経験しなかったような。
小斉や長谷川だって、今シーズンにそうした経験を経る事は有り得ると思います。そうやって、成長するんじゃないかと。そうした成長ストーリーを見れるのは、私は楽しいんですけどね。

そうした、苦労の時期をファンが我慢出来ないと、結局、FAでの補強が中心のチーム作りとなってしまうような気がします。私はそうしたチームは強くても、あまり好きにはなれないので、弱くとも今の「若手野手の成長を待つ」編成スタイルを貫いて欲しいですし、王・石渡・小川といった編成ラインがそうした考えを持っている事は、心強いです。

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2008/05/11 12:00 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/62-6051f5af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。