LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

4年間の差 

斉藤佑樹が田中マー君との投げ合いに敗れ、題名のように「4年間の差が出た」という言葉を出したようです。これは、よく言ったと感心しています。斉藤がプロで成長する為には、この4年間自分は大学で楽をしたんだという自覚が無いとどうしようもないと思っていましたから。この意識があれば、ここから伸びる。いや、伸びて欲しい。パを代表するような投手にまで。

正直、二人の3年夏の段階でも、差はありました。もちろん、田中の方が上です。あの時、マー君は、体調不良で、絶不調でしたが(田中マー君の2年秋・神宮大会は、あの3年夏程度の投手じゃなかった)、それでも、プロのトップランクになれる素質は田中の方に感じました。
それでも、斉藤は2・3年しっかりとファームに漬け込めば、少しずつ、差を埋めていけるんじゃないかなというモノは感じさせていました。十分にあの時の投手でもトップランクの投手の範疇にあるといえました。しかし、この4年間で大きく差が広がった感じです。少なくとも、斉藤が早稲田で伸びたモノは何も無かったと言わざるを得ないのが現状です。厳しい言い方ですが。

斉藤を卑下する為にこれを書くつもりは無くて、問題としたいのは、斉藤のような高校トップランク投手は、ファームの方がレベルアップさせられるんじゃないかという事です。より大きく育てるならプロだと思うんです。そして、ファーム通いしているファンとして、そうあって欲しいと思います。
しかし、昨年・今年と高校トップランクの投手が、こぞって、プロ指名を拒み、大学進学する傾向が出ています。(吉永、これ以上、アマで何を学べるっていうんだ。勝負しよーや)これは、プロ野球界にとって、課題となるべきものです。それを斉藤をサンプルに考える事で見つめてみるべきではないかと。そういった論調が起きるのを期待したいのです。

私の高校生投手プロ入団の基準(育成指名除く)は、「今、プロに入って、コンスタントにファーム(2軍)で投げさせられるレベルかどうか」です。これが達成されている投手は、アマで放るよりもプロの方が伸びると考えています。
ファームで投げさせるコントロールがあるか、球威があるか、討ち取れるボール・投球術があるか、体つくりだけをやらせなきゃならないのか(≒故障していないか)、この基準をクリア出来ていれば、プロに入るべきだと思っています。
斉藤は、高3の時点で、これを全てクリアしている気がしました。あの時点で、野球だけに集中して、ファームで屈辱を覚えて、恥をかいた方が、ワンランク上に行けると。ピッチングを覚えられると。

ファームはなんといっても、アマのスター選手の集団ですからね。特に近年はファームのレベルが上がっています。そういった高いレベルのなかで投げれば、自分がどうやれば討ち取れるかと真剣に考えます。斉藤の早稲田大時代のように「150㌔を出したい」とかしょーもない見栄のようなモノにかかずる余裕などありません。

それに休み休み投げているアマと違って、一年中放らなきゃならない経験も貴重ですしね。体力的にもプロの方がつくだろうと。(この点で、東浜(亜細亜大)の体力がどんなものなのか気にはなります。先週、TVで見て、投球的には高校時代よりも球威が増した気がしましたが。というか、あれだけ投げられるなら、プロでやっときゃよかったのに)

それにしても、プロももっとこういったトップランクが大学を経由しようとしている現状を情けなく思わないと。指導能力に疑問を持たれているのかもしれんのよ。
なにより、もっと、球界全体で「若い選手を育成する」事を命題としないと。日本人のスター選手をどんどん作っていくのが、プロ野球の生き残りの道なんだから。その為には、膨れ上がった外人選手枠の見直し(一軍は3人までの登録可能にするとか、採用数を減らすとか)、独立リーグとの連携の推奨、支配下枠の増加、ルール5ドラフトの採用なども考えて欲しいです。
また、アマだけが事前に選手と接触出来るのもおかしくて、公平な形でのプロと高校選手との「合同面接」のような機会も設けて良いはずです。プロの素晴らしさ・育成能力の高さを高校生に訴える機会をきちんと作るべきです。それが、お互いの為でしょう。

最後にぶっちゃけ綺麗ごとを除いて発言すると、この流れはプロの契約金上限の締め付けや栄養費の問題などでドラフトブローカーが暗躍しにくい、健全なドラフト環境になった事も要因なのだろうと思っています。そう考えると4年くらいトップランク選手に遊ぶ時間を与えてやることは、致し方無いのかもしれません。選手寿命も延びているし、焦らす必要はないんかなとも。

←ベン・ハーパー「ストロベリーフィールズフォエバー」:一筋縄でいかないこの曲を巧くアレンジしています。

スポンサーサイト

テーマ: プロ野球 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/642-60cd5ce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。