LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

もういちどあの頃の夢を 高橋徹 

高橋徹が自由契約となりました。この投手を初めて観たのは、まだYOUTUBEもない時代、ネットでドラフト候補の動画を会員で持ち寄り公開するシンジケートサイトでのことでした。(今はありません)

もう一目ぼれでしたね。あの柔らかい腕の振りに、ピュっとくる空振りが取れるストレート。打者手元でキュっと落ちるSFFと同級生の涌井よりも魅了されました。(涌井も凄かったけど)そういった投手をライブで実際に見ると意外に「あれ?こんなもんだっけ?」となりますが、初めて、雁ノ巣のブルペンで観た徹のキレのある速球は高校生のキレではなく、「やっぱり、いい。よーホークス指名した。」と。

柔らかい腕の振りと書きましたが、ルーキーの頃は、テークバックが非常に大きな投手で、「どこまで後ろに引きこめるんだ?どんな肩甲骨してるんだ。」と思ったものです。ボールを持つ右手のこぶしが背中の真ん中くらいまできていましたから。それでいて、左肩はねじっていないから、捻転差がすごかった。
まぁ、今なら、あそこまでねじる・反動をつけて放る投手は「後で苦労するタイプだよな」などと思うんでしょうが、あの頃はまだ「ねじれるなら、ねじっておけ。捻転差は大きいほど凄いボールとなる」と単純に思っていましたから、徹の迫力ある投げ方を気に入っていました。
右腕を体に巻き付けるかのような、大きなフォロースロー、投げ終わった後に定岡正二(元巨人)のように右足が高く上がるのも格好良かった。華があった。今でも写真なしでも思い出します。
あの頃は、西武の西口みたいになれると思ったものです。ああいう体全身をしならせて投げるタイプでしたから。見果てぬ夢があったんです。

ところが、2年目くらいから、コントロールの乱れを修正するためか、盗塁を許すケースが増えたのもあってか、テークバックを非常に小さくしました。その修正が左肩を故障する前かどうかという記憶はさだかではありませんが、それも加味して、だんだんと「普通の大人しい投げ方」になっていきました。その普通の投げ方でコントロールでも良くなれば、まだ良かったのですが、そこはリリースポイントが一定せず、右腕の振りに強さ・鋭さ・しなりが欠けていきました。
それにつれて、スピード自体も無くなっていった気がします。スピードはなくても、キレがあれば、コントロールがあればといいますが、今のプロで135㌔ほどが平均の右投げ投手は厳しいです。140㌔ならなんとかなりますが。その5㌔にはプロとアマを隔てる何かを感じます。

元々が投球が出来るタイプではありませんでしたし、良いイニングと悪いイニングの差があきらかにあるタイプだったので、試合をまとめるのも下手でした。良いと思った時期・投げ方も長続きしなかった。
捕手がうまくリードすればといいますが、前提条件として、投手が試合をまとめる能力(コンロール・変化球・気持ちを入れるギアの入れ方など)が無ければ、リードなど絵に描いたモチにすぎないでしょう。出来ない事を要求しているようなもんで。
凄みを活かしてリリーフをやれる訳でなく、投球をまとめて先発が出来る訳でなく、非常に中途半端な存在となっていった気がします。私自身も最初の思い入れと全く異なり、興味を失っていきました。徹には悪いけど。

その徹に少しだけ光を感じたのは、今季のサイド転向でした。シーズン途中の急造でしたから、もちろん、全く腕の振りは一定してはいなかったのですが、以前のように強く腕を振れるようになっていました。ブルペンで徹がサイドで投げているのをみて、急遽、雁ノ巣に居残ったのを覚えています。シーズン途中で大幅なフォーム変更など「アホか」と思って、興味は無かったのですが、投げるボールの良さに興味が出たのです。

しかし、徹はサイドは封印し、上投げでトライアウトにチャレンジするそうです。それでも良いと思います。もしかしたら、サイドで腕を振れた事が、上投げに戻した際に良い影響を与えるかもしれません。本人が納得する形でトライアウトに挑んで欲しいと思います。もし、腕が振れているのであれば、育成枠でいいから、もう1年プロで観てみたいという未練もあります。どこの球団であっても、もういちど夢をみせてくれ、がんばれ徹。



スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

No title

こんばんわ王楽さん
優勝以来の書き込みです。

戦力外第一弾?ですね。
名前を見ると正直仕方ないかなと思える人たちでした。

あくまで私の勝手な主観ですが、
有馬も内田も徹もほとんど改善が見られないことが
印象として強いです。

内田はフォームがコロコロ変わっていましたし
有馬も内容の成長が感じられなかったし
(後輩の左腕が成長してるだけに)
徹も特徴のない投手になっていきましたし。

ただ徹のサイド転向は面白いんじゃないかと思いました。
王楽さんもおっしゃってましたが、
オリックス近藤のようなタイプになれるのではないかと
期待もしました。
実際3軍で完封もしましたし、体の柔らかさが
武器の徹にとっては意外と早くサイドにも慣れるんじゃないかと。

このままのフォームでトライアウトを受けると思っていましたが
上投げに戻すというのは本当ですか?
だとしたら残念です。
本人にとってはサイド転向は不本意だったのでしょうか。

なんにせよ悔いだけは残してほしくないです。

ゆずぼんど #- | URL
2011/10/12 21:17 edit

Re: No title

>ゆずぼんどさん
> 戦力外第一弾?ですね。
> 名前を見ると正直仕方ないかなと思える人たちでした。
> あくまで私の勝手な主観ですが、
> 有馬も内田も徹もほとんど改善が見られないことが
> 印象として強いです。
> 内田はフォームがコロコロ変わっていましたし
> 有馬も内容の成長が感じられなかったし
> (後輩の左腕が成長してるだけに)
> 徹も特徴のない投手になっていきましたし


内田は1年目が一番良かったです。寒い中、見ましたが、この寒さであれほど腕を振れるのかと。打者がびびっている感じすらありました。この投手も年々、小さな投げ方になった気がします。時折、とんでもない投げ方になっていたし。
有馬は逆にまとまっていますが、いつ見ても凄みがなかった。難しいもんです。いつもリリーフ登板でしたが、意外に先発向きだったのかもしれません。坂田という同タイプでワンランク上の投手が現れて、存在がかすみましたね。でも、左でコントロールが良ければ、どこか必要とするチームはある気がします。

> ただ徹のサイド転向は面白いんじゃないかと思いました。
> 王楽さんもおっしゃってましたが、
> オリックス近藤のようなタイプになれるのではないかと
> 期待もしました。
> 実際3軍で完封もしましたし、体の柔らかさが
> 武器の徹にとっては意外と早くサイドにも慣れるんじゃないかと。
> このままのフォームでトライアウトを受けると思っていましたが
> 上投げに戻すというのは本当ですか?
> だとしたら残念です。
> 本人にとってはサイド転向は不本意だったのでしょうか。
> なんにせよ悔いだけは残してほしくないです。


私も新聞で上投げでトライアウト挑戦と読んだ時は、残念に思ったのですが、あのような一発勝負だとまだ固まっていないサイドで勝負するのは怖いっていうのは分かる気もします。とにかく、自分が納得出来る形となると上投げになるんでしょうね。我々のようにあのサイドを気に入ってくれたNPB関係者でもいたらいいのですが。

王楽太陽 #- | URL
2011/10/13 17:38 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/660-2bd0b7a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。