LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

11年仮想ドラフト結果 発表 

昨晩、ホークス担当として参加した、今年の仮想ドラフトの結果です。寸評はドラフト掲示板にも掲載します。

◆11年度 仮想ドラフト指名選手一覧◆

1位入札:菅野 智之 投手 東海大(3球団入札 抽選外れ)

1位指名:北方 悠誠 投手 唐津商業高
2位指名:坂口 湧希 外野手 神村学園高
3位指名:三好 匠  内野手 九州国際大付高
4位指名:新垣 勇人 投手 東芝
5位指名:大木 康智 投手 福岡大
6位指名:葛西 侑也 投手 大垣日大高
7位指名:トマセン ダニエル 外野手 東京農大生産学部

◆11年度 仮想育成ドラフト指名選手一覧◆

育成1位指名:川崎 貴弘 投手 津東高
育成2位指名:多和田 真三郎 投手 中部商高
育成3位指名:吉原 正平 投手 東京農大
育成4位指名:上村 健人 内野手 東北高
育成5位指名:玉城 大夢 捕手 浦添商高
育成6位指名:湯本 翔太 外野手 日本文理高
育成7位指名:服部 政樹 内野手 東芝

【菅野指名について】

当初から菅野一本に絞っていました。ここ7年ほどドラフト同志と仮想ドラフトに参加させてもらっていますが、そのなかで、トップの投手という評価をしていました。(その前は岸(西武)がトップ評価)
今年は3位以降にそこそこの即戦力投手が見つけにくかった為(都市対抗が遅れたのもあって)、即戦力を1位で指名しておきたいと思っていました。
駆け引きでは、一度、引いたように見せて、「菅野は、おいちゃんとの関係があるから指名しにくいよね。みんな、やめとこうや。」という空気を作る予定でした。(あまり「このまま、巨人の思い通りにしていいのか?」などと訴えると、皆さんのスカウト魂というしっぽの緒を踏んで、菅野に集中する恐れもあったので。(笑))

幸か不幸か、「北方」という菅野と同じような「ホークス以外は指名しにくい」選手がいた為、それを絡ませ、「俺も菅野は降りるから、みんなも北方は指名しないよね。」といった事を訴えるような、完璧なシナリオが、編集者さんの横やりのもと(笑)、出来ていた気がしたのですが、まさか、ほーくすくすさんにばれていたとは。(苦笑)

それはともあれ、正直、本ドラフトでも、どこかの球団は菅野を指名して欲しい、指名すべきだという気持ちはあります。特にホークスは、ここで「王貞治という虎の威」を最大限に活用しないでどうするって言いたい。王貞治のチームの指名をあの野球人一家が断れるはずがない。
ホークスの武田の指名が悪いとは全く思いませんが、あれだけ菅野に惚れこんでたチームが、こうも簡単に引き下がるのかと、それに対する釈明も地元マスコミが全く求めないのもなんだかなぁと。小林至の思うつぼやん。お前らは球団の広報誌に成り下がるつもりか。囲い込む巨人が悪いんじゃない。囲い込みを突破しようとしない姿勢を問わないのが一番悪い。
話がそれました。菅野も原辰徳と違う道を歩む事は、今後の人生において必要じゃないかとも思います。ましてや、あのタっちゃんが「巨人以外は行くな。」などと言うとは思えない。彼なら、必ず「浪人などするな」と言ってくれるはず。もし、メジャーに行くっていうなら、まだ話は分かるけど。

【全体寸評】

菅野の代りは取れないので、高い評価はしにくいのですが、菅野が取れなかった場合のパターンとしては、ほぼ予想どおりの指名でした。全体的にバランス良く底上げするのが一番の目的でして、長期育成型リリーフタイプ投手(北方・葛西)、中期育成型万能野手(坂口・三好)、中期育成型長距離タイプ野手(トマセン)即戦力投手(新垣)、中期育成型先発タイプ投手(大木)とある程度タイプがバラけた指名が出来たと思っています。
ちなみに長期育成型先発高卒投手は、毎年結構出てきますから、今年は獲らなくてもよいかと思って、獲得に向かいませんでした(育成ではそのタイプを獲ったけど)。雁ノ巣にもそのタイプは多くいますしね。武田に行かなかったのは、その辺も考慮しました。

唯一、安達了一(東芝)を中日に眼の前で獲られたのが誤算でした。滅多にいない即戦力野手タイプでしたしね。しかし、評価が高くないだろう、坂口を2位指名したのは後悔はありません。坂口という素晴らしい選手をチーム内外に知らしめ、育成・売っていく為には、2位という順位が必要でしたから。他球団の評価だけが順位づけの理由にならない場合もあります。それくらい惚れこんだ野手です。
安達が取れなかった事で、三好というホークス得意の内野外野どこでも守れ、走力・長打力のある野手(私が一番好きなタイプの野手ですね)の獲得も即断を促されましたし。

【各選手寸評】

北方:リリーフ投手としては非常に魅力がある。馬原の後釜として、ドライチにふさわしい。1イニング限定リリーフでなく、2イニングくらいを放れるような、30年前のストッパーになれそうな馬力も魅力。

坂口:高校生野手にはどうしても粗が見えるが、この打者はそれが見当たらなかった。「しなやか」というのがこれほど似合うスウィングも珍しい。走力・守備を含めると高橋周平とそん色ない評価をしています。

三好:打撃は文句なし。ただ、体格面もあって、時間をかけて大卒ドライチで入団する方が良いかと思っていたが、プロ志望を提出した心意気に応えて、この順位で。

新垣:攝津2世になれるか。独特のグラブの割れの位置と攝津似の小さなテークバックは打者の間合い感覚が狂うはず。スピードも142㌔ほどで安定しており、社会人時代の攝津よりも速い。フォークという武器もあって、先発・中継ぎどちらでもやれそうな感じは高く評価したい。今回のドラフトで、最も「獲られるじゃないか?」とドキドキしていた投手。

大木:大学選手権では6イニングでバテたのが、気に入らなかったが、秋のリーグ戦では長いイニングも安定して放れており、安心して指名出来た。少し時間はかかるだろうが、スケール感のある先発を任せられそう。白仁田や蕭(阪神)といった同タイプの投手が意外に時間が掛かっているのは気がかりだが。

葛西:彼のような左のパワーサイドスローは滅多に出ない。キレがある左のサイドスローはいても。1年生から見ているが、3年でしっかりと伸びてきたのも好感を持てた。

トマセン ダニエル:長打が打てる大学生が欲しかった。このカテゴリー候補が本当に少なかったが、そのなかでトップランクの評価をしていたトマセンが獲れたのは大きい。







スポンサーサイト

テーマ: ドラフト会議 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

Re:

王楽さん、昨日は大変ご迷惑かけました。

さて、今回の仮想ドラフトに参加したものの、確実に見識不足はいなめなく、恥をかくのは目に見えておりました

では、海千山千のドラフトマニアの方がうずまく、仮想ドラフトの私の役回りを考えてみたのは、王者・王楽さんに反旗をひるがえす…ドカベンで言えば元々は山田の監督であった徳川が、打倒山田のためにあちこちの流れの監督として指揮を取る…

…という敵役はどうだろう?…と思ったわけです

元々巨人で仮想ドラフトで王楽さんと闘った事もあり、球団を点々とする流しのGMという訳です

…では その打倒王楽さんの戦略は? まぁ 普通に考えたら王楽さんのブログを頼りに候補をかっさらって行くのが一番の敵対行為ですが、それだけでは日ハムの補強になりませんし、面白くなりません。

長期戦では 技術論、知識に勝る王楽さんには勝てない、 局所的にも王楽さんに「あ!!」…と思わせて…後は普通に日ハムの補強に従事しようと思いました、 何も、何回も直接的に王楽さんに食らい付かなくてもよいのです、一回でも面食らえば、「もしかしたら横取りされるんじゃないか?」と王楽さんにスリルと不安を味わってもらえば(笑)

ヒッチコックの方法論にもありますが、爆弾を爆発させてはいけない…爆弾が爆発するのでは?…という緊張感を上手く使わなければ

さて、では、王楽さんに爆弾の意識をさせるには?

王楽さんは誰を一位にもってくるか?

高橋周平…これは誰が見ても王楽さんが一位とすると考えるでしょう

王楽さんは最近はブラフを使う事はなかったですしね

しかし…何か違和感を感じます…

高卒が好きなロリコン王楽さんにしては(笑) 「今年は即戦力に行くべき、小林至の小僧は何考えてるんだ?」

…と 常日頃おっしゃってた(笑)

そして、その時一番に行くべきの王楽さんが、巨人の去年からの囲い込みに はいそうですか?…と
大人しくなるでしょうか?

なんかおかしい…(笑) …北方の話と絡めたのも なんか普段の王楽さんとは違和感がある…(これは王楽さんが仮想ドラフトで演出的にオーバーにを演じているのかな?…と思ってもいましたが)

そして、芝居をうって 二分の一のリスクなら菅野にいってもいいだろうという少しの打算(…これは私ならこう考えるだろう…笑)

…と そして これからは私の日ハムとして獲得する大義名分です


ダルビッシュが抜けて その後釜に据える… ←これは巨人担当の疾風さんに看破されました まぁ日ハムとしてはこう考えますよね、しかし王楽さんには なまじ私がやっているからバレないだろうとタカをくくってました(笑)

個人的な思いとしては 祖父、お祖父さんの流れとして 東海大系列という、よくも悪くも原家の流れを歩いてきて、ここは一発、北海道にでも九州にでも修行に出て、他の空気を吸ったほうが菅野本人の為にもなるのでは?
見えないものが見えるようになりますし、家を継ぐにしても、修行に出たほうがいい…

これは 私の経験からもそう思います。

何か雑誌で読みましたが、本人も日大三に行きたかった頃もあるとか?

その辺の巣立ちの心をうまくつついては?と思います。

後は王楽さんの言われる通り、原監督が反対するとは思えませんよね(笑)
続きは また書きます

ほーくすくす #- | URL
2011/10/23 20:41 edit

自分としては

先日は高校名を間違えるといううっかりをやってしまいましたv-404v-406

鎮西の柿原翔樹とコンピュータ教育学院の一岡竜司が隠し玉として指名されればいいんですけどねv-433

玉城のスローイングタイムが気になりますよね。ファーストにコンバートですかね?

最低限、武田、北方、坂口は欲しいですよね。

豊福は育成契約に切り替えになったんですけどケガでもしてたんですかね?

たか #YQn0yFEs | URL
2011/10/25 20:09 edit

Re:

現実の北ハムのほうがやってくれましたが、私の仮想ドラフトの寸評を
、まずは北ハムのドラフトに対する姿勢、陽、鵜久森、ダルビッシュ、斎藤と、ドラフトマニアにはある意味やや嫌われそうなメンツですが、北の大地に根づかせるため、一般のファンも注目するようなスター候補を様々なリスクもあるのに果敢に指名、また育成も順調にいっている所等、ファンに夢を与え、かつ育成している姿勢は非常に買っており、また経緯を表します(ソフトボールの選手を本指名した時の、実力も勿論評価してでしょうが、野球をやりたくてたまらない…という彼の姿勢に惚れ込んだ…というコメントには、ちまちまとしたリスクとか計算しがちな所に、夢を追うプロの心意気を見て少し木槌で頭を叩かれたたような衝撃を受けました)

まずは一位、菅野、これは変化球の変化点の近さ、キレ、真っ直ぐの球威も群を抜いて文句なしナンバーワンでしょう、まぁ解りきった事で逆に実力はもう置いておいてって感じです

まぁダルビッシュの後釜という面もそうですが、彼はある意味で身内である東海閥から身内の球団に行く路線は どうも視野が狭くなると思い、最終的には実家を継ぐにせよ、北海道なり九州に修行に行ったほうが彼の為にもなるし、原巨人軍vs菅野ってのも売りになりますしね、叔父さんが参った…という顔をさせるのも、叔父の幻影を振り払う機会だと思うのですが…。

彼は一時、日大三高に行きたいと思ってたという記事を見て、その巣立ちの心に火を着ければ?…との賭けもあります。

さて 外れ一位は一番投手として完成のスタイルの見える原樹理を最初は検討したのですが、吉永は日大三で身体もできていて、真っ直ぐも勢いがあるし、落ちるボールの変化点も近いし実戦経験豊富……そしてもう1つ、さして野球に詳しくない私の後輩が甲子園に行き、投球に感動を受け、メールを送ってくれたのが 後から調べたら吉永でした、吉永なんてのは我々は知っていて当たり前で置いておいて…と言う感じですが、野球をあまり知らない人に感銘を与え、ファンにする…これはプロで一番必要な事で、また先に言った北ハムの理念と合致、二位で取れてこれは予想以上の成果でした

三位の丸子選手は よくは知らないですが調子を崩したようですが、そんなもんは成長期の一、年の結果だけで知らん!三位で取れるいい要因だわい …くらいの気分でした(笑) 糸井、中田、丸子と続けば、威風堂々、まさに北のヒグマ打線というスケール感をファンに与えられるという期待で指名しました、

あ、忘れてましたが、王楽さんへの明訓、徳川のような打倒王楽さんのコンセプトは、王楽さんの指名しそうな先に採ってしまうのが、まぁありがちな敵対行為ですが、それでは面白くないし、北ハムの補強にもなりません、菅野指名を読む事で王楽さんにとられるのでは?という不安感とを与え、後は北ハムのニーズに合った指名と最初から決めていました、ヒッチコックのいうように爆弾を爆発させてはいけないのです、 爆弾があるよ?とハラハラドキドキを与える事が大事で(笑) 菅野指名は爆弾があるよ?…と王楽さんに意識させるものでした、 さて、4位は怪我をしたり将来の動向もある田中賢介や頑張っているが年令いった金子の替わりの二遊間を獲得するのがポイントとしてあがり、安達、松本を候補としましたが取られ、小島も寸前で緑さんヤクルトに取られ、ど?どうしよう?? 高校の時の印象だけで田中広輔にするか??…北ハムっぽい田中コレクションで(嘘…笑)…と慌てましたが、緑さんが掲示板にも指名選手を書いてくださる等多忙ななめ、指名順を間違えてしまい、結
果的に指名できたのですが、非常に後味の悪い指名でした
さて この段階で指名したいポイントは採りました、左中継ぎは結構いきのいい奴がいたよなぁ、捕手も大野育てて鶴岡いるし…捕手はさして人材いないし、いたずらに人数とってもな…

という考えがあったのですが、そこは仮想ドラフト…もったいない、参加し続けたい!…と貧乏性が…

折り返しは あまりコンセプトもないまま、二遊間の補強の名のもと小島と同じ左の田中広輔を採ってしまいました、塚田みたいな選手をいるのを知っていたら二岡の後釜にとるべきでした

六位は バランスを考え、うまく伸びれば面白い左の中継ぎになるかと西を
七位は 一年の時のインパクト、環境と育成方法によっては 華のあるエース候補になるのでは?…と帝京伊藤を

そして悔やまれる指名が八位の八重山花城、ほとんど見た事はないですが、ホークス等も春先は上位指名を検討した南国の怪腕、可能性にかけて指名したのですが、これがいかん…花城君が悪いのではなく、たたでさえおおらかな沖縄で育った選手は高卒で内地に行くとギャップに苦しむ事が多い、さらには彼は腰を痛めて大きな怪我を… 馴れない土地でリハビリ生活…こんなの十八歳で耐えられだろうか? この指名は安易で花城君の事を考えても駄目な指名でした

九位の指名は近藤捕手、かれの送球はさることながら、横浜の監督があれだけプロに薦めるのは よほど近藤をプロに進ましてやりたい! との気持ちの現れ、進ませてやりたい!…そんな強い気持ちを人に持たせる近藤をプロ入りさせないわけにはいかないでしょう

大野とも年令離れてますしね


総評ですが…上位は百点ですが、下位に悔やまれる指名になりました、最初は王楽さんの出鼻をくじきましたが、坂口や葛西の分析と指名理念(二位で指名し実力派の坂口に箔をつけてやるため…)には感銘を受け、自分は情報不足で補給線が切れる…
結果的には王楽さんに負けたドラフトでした 新垣の直前のピッチング見てりゃ即戦力で指名したのに(あんなになってるとは)…完敗でした

ほーくすくす #- | URL
2011/10/28 19:22 edit

Re: Re:

>ほーくすくすさん
>(ソフトボールの選手を本指名した時の、実力も勿論評価してでしょうが、野球をやりたくてたまらない…という彼の姿勢に惚れ込んだ…というコメントには、ちまちまとしたリスクとか計算しがちな所に、夢を追うプロの心意気を見て少し木槌で頭を叩かれたたような衝撃を受けました)

うん、あの言葉はちょっと参りましたね。ウチのおかしな補強・育成姿勢に比べて、なんと牧歌的で魅力的な編成なんでしょう。

> さて 外れ一位は一番投手として完成のスタイルの見える原樹理を最初は検討したのですが、吉永は日大三で身体もできていて、真っ直ぐも勢いがあるし、落ちるボールの変化点も近いし実戦経験豊富……そしてもう1つ、さして野球に詳しくない私の後輩が甲子園に行き、投球に感動を受け、メールを送ってくれたのが 後から調べたら吉永でした、吉永なんてのは我々は知っていて当たり前で置いておいて…と言う感じですが、野球をあまり知らない人に感銘を与え、ファンにする…これはプロで一番必要な事で、また先に言った北ハムの理念と合致、二位で取れてこれは予想以上の成果でした

ほぅ、これは興味深いエピソードです。私も北方が獲れなきゃ、次の候補は吉永でした。吉永を先に獲られた事で、「俺が狙っている選手は全部獲るつもりじゃ?」と獅子身中の虫をPC内部に買っている気分に陥りましたよ。ほーくすくすさんのねらいどおりに。(苦笑)

> 折り返しは あまりコンセプトもないまま、二遊間の補強の名のもと小島と同じ左の田中広輔を採ってしまいました、塚田みたいな選手をいるのを知っていたら二岡の後釜にとるべきでした
>
> 六位は バランスを考え、うまく伸びれば面白い左の中継ぎになるかと西を
> 七位は 一年の時のインパクト、環境と育成方法によっては 華のあるエース候補になるのでは?…と帝京伊藤を


田中はたしかにダブりますね。まぁ、ハムもその手の被りドラフトやる事もありますし。(私はこの手法嫌いですけど)西と伊藤は良い指名だと思いますよ。なんか、見られていない分だけ、吉本幻想が広がっている感じを受けますが、伊藤も吉本も実質的には大差ないと思います。いや、甲子園の舞台をあれだけ経験している分、伊藤の方が早くに大人になれそうな気も。

> そして悔やまれる指名が八位の八重山花城、ほとんど見た事はないですが、ホークス等も春先は上位指名を検討した南国の怪腕、可能性にかけて指名したのですが、これがいかん…花城君が悪いのではなく、たたでさえおおらかな沖縄で育った選手は高卒で内地に行くとギャップに苦しむ事が多い、さらには彼は腰を痛めて大きな怪我を… 馴れない土地でリハビリ生活…こんなの十八歳で耐えられだろうか? この指名は安易で花城君の事を考えても駄目な指名でした

花城は私には響いてこない投手でした。腰を痛めていたのは知りませんでした。たしかに沖縄うんぬんよりもリハビリ状態で入っていけるのは、よっぽどの精神的なタフさは求められるでしょうね。

> 九位の指名は近藤捕手、かれの送球はさることながら、横浜の監督があれだけプロに薦めるのは よほど近藤をプロに進ましてやりたい! との気持ちの現れ、進ませてやりたい!…そんな強い気持ちを人に持たせる近藤をプロ入りさせないわけにはいかないでしょう
> 大野とも年令離れてますしね


近藤もいい指名です。私は捕手を獲るつもりがなかったのですが(玉城は長距離砲で獲得しましたし)、高校生の捕手なら、近藤だろうって思いますよ。打ち方もいいし。AAAで株をあげまたしね。

> 新垣の直前のピッチング見てりゃ即戦力で指名したのに(あんなになってるとは)…完敗でした

新垣なかったですね。ちょっと不思議です。摂津の成功事例に学んでないってのは。やっぱ、都市対抗は全く参考にしちゃおらんのでしょうね。参考にしてたら、嘉弥真の指名は無かったでしょうし。

王楽太陽 #- | URL
2011/10/29 07:46 edit

Re:

王楽さん お疲れ様です、遅ればせながら仮想ドラフトの感想です(何回か書いたのですが消えてしまったので…)

北方君… 一瞬の爆発力にかけては彼の右に出るものはいないでしょう、フォームが一定していない、投げる度にフォームがバラバラなのは、まだ投手歴が浅く、フォームを完成させるという段階ではなく、本人が一番気持ちよく投げれるフィーリングで投げている…という印象を受けましたが、甲子園で最初に投げた時は、緊張をほぐすために、思いきって投げてみたら、スピードも出て、うまい事緊張もほぐれた…
と、本人の目論見通りだったようなので、その思いきりは買いたいです、スタミナもあり、あのエネルギーをロスしそうな爆発系な投げ方でも九回までスピードが出るようなので(質は見ていないので解りませんが) そこだけでも大いなる宝ものでしょう、藤井の物語を継いで、更に物語を発展させるストーリーの爆発系投手指名という所でしょうか?

二位の坂口君、少ない画像を見たかぎりでも非常にボールの捉え具合のいい、見ていて心地よいフォーム、惚れるタイプですね! 守備、走は見ていないのですがいける口なんでしょう?

その技術力と実力をアピールするための箔付けという指名の仕方も 心意気と明確な戦略は心に来ました、選手もこれはやる気になるでしょう! プロに入ったら順位は関係ないとよく言いますが、これは順位が選手のモチベーションに繋がるよい指名でしょう

三位 三好君…今回の仮想ドラフトは いかにして少ない実力派二遊間を確保できるか? がポイントと思えます… 実際に私も苦労しました、右投げ左は多くいる、この業界…安達や松本のような右で大きいのもあるのは稀少、即断を迫られたのも解ります、ホークス好きそうですもんね!

葛西投手… これはちょっと見た限りでは リリースやフォームがはまった時は 手のつけられない球がズバッと決まる左サイド系パワーピッチ… ウィリアムズをちょっと変えたような感じですが

まったくはまらない時は コントロールも悪く棒球… 一か十か…というのが少しだけ動画を見た印象ですが、これは育てて見たくなる素材、こういうタイプはいませんからね、左パワーサイドの完成系が中継ぎにいたらワクワクしますからね、いい指名です!

大木君はちょっとフォームだけ見たらまとまったパワー系なんでしょうか? 判断材料が少なすぎて コメントが見つかりませんが、王楽さんの同タイプが伸びなやんでいるというのも気がかりです

トマソン選手は全然見たことがありません 山崎やゴメスのような上半身回転主導形なんでしょうかね??

あ 新垣投手を抜かしてました…これはやられましたね… 直前の社会人大会を見たら まさに攝津系の即戦力タイプになってた、こりゃ情報不足で完全に王楽さんに出し抜かれました、新垣はよくいるタイプとの先入観があったんですよ…腕を磨いていたんだなぁ まさに攝津を継ぐものって感じでした…なぜ指名なかったんだろう? スカウトの好みかな? 一位に大型即戦力の目論見は外れたものの、それはクジですから王楽さん関係ないです(笑) 後はバランスよく 明確な補強ポイントと的確に技術論に基づき、さらには坂口、葛西の芸術ポイントも高く、新垣の巧みな指名…さすがでした!

ほーくすくす #- | URL
2011/10/30 02:20 edit

Re: Re:

>ほーくすくすさん
> 王楽さん お疲れ様です、遅ればせながら仮想ドラフトの感想です(何回か書いたのですが消えてしまったので…)

何度もすみません。心して読ませてもらいます。

> 北方君… 一瞬の爆発力にかけては彼の右に出るものはいないでしょう、フォームが一定していない、投げる度にフォームがバラバラなのは、まだ投手歴が浅く、フォームを完成させるという段階ではなく、本人が一番気持ちよく投げれるフィーリングで投げている…という印象を受けましたが、甲子園で最初に投げた時は、緊張をほぐすために、思いきって投げてみたら、スピードも出て、うまい事緊張もほぐれた…
> と、本人の目論見通りだったようなので、その思いきりは買いたいです、スタミナもあり、あのエネルギーをロスしそうな爆発系な投げ方でも九回までスピードが出るようなので(質は見ていないので解りませんが) そこだけでも大いなる宝ものでしょう、藤井の物語を継いで、更に物語を発展させるストーリーの爆発系投手指名という所でしょうか?


北方は問題も非常に多い投手だとは思っています。吉本と並んで、お取り扱いは難しい、高校上位指名候補投手だと思っていました。それでも、あれだけ投げて、腕振って、平気な顔をしている投手は非常に魅力的です。我々が望む、下柳型育成ががっちりと施せそうな気がします。投げれば投げるほどパワーアップしていくような。

> 二位の坂口君、少ない画像を見たかぎりでも非常にボールの捉え具合のいい、見ていて心地よいフォーム、惚れるタイプですね! 守備、走は見ていないのですがいける口なんでしょう?
> その技術力と実力をアピールするための箔付けという指名の仕方も 心意気と明確な戦略は心に来ました、選手もこれはやる気になるでしょう! プロに入ったら順位は関係ないとよく言いますが、これは順位が選手のモチベーションに繋がるよい指名でしょう


坂口の足・守備は問題なしです。1塁までのタイムと3塁までの走塁タイムは、福田秀平とそん色ありませんでした。しかも、外野の守備は足取りも軽いです。野球小僧でも非常に高く評価されていましたしね。ただ、予想以上に騒がれない選手でした。何かが足りないのかもしれませんが、それは全く見当がつかない状態です。

> 三位 三好君…今回の仮想ドラフトは いかにして少ない実力派二遊間を確保できるか? がポイントと思えます… 実際に私も苦労しました、右投げ左は多くいる、この業界…安達や松本のような右で大きいのもあるのは稀少、即断を迫られたのも解ります、ホークス好きそうですもんね!

三好はピッチングの丁寧さやここというところでの力の入れ方を見ていれば、野球頭もいいはずです。それを野手で活かせるタイプともみました。140㌔は常時投げられる肩もありますし、内外野どこでもいけるタイプの野手をここで獲っておくかと。そんな選手はアマ時代ではまずいませんしね。

> 葛西投手… これはちょっと見た限りでは リリースやフォームがはまった時は 手のつけられない球がズバッと決まる左サイド系パワーピッチ… ウィリアムズをちょっと変えたような感じですが
> まったくはまらない時は コントロールも悪く棒球… 一か十か…というのが少しだけ動画を見た印象ですが、これは育てて見たくなる素材、こういうタイプはいませんからね、左パワーサイドの完成系が中継ぎにいたらワクワクしますからね、いい指名です!


獲得する選手の幅を広げたい気持ちが強かったです。どうしても、似たタイプ、好きなタイプのみを指名したくなりますし。北方もその「幅」を広げたいという気持ちに叶ったタイプといえるでしょう。

> 大木君はちょっとフォームだけ見たらまとまったパワー系なんでしょうか? 判断材料が少なすぎて コメントが見つかりませんが、王楽さんの同タイプが伸びなやんでいるというのも気がかりです

パワー系です。東洋大打者のバットを押しかえす力がありました。パワー系にしちゃ、まとまっているのも良かったです。

> トマソン選手は全然見たことがありません 山崎やゴメスのような上半身回転主導形なんでしょうかね??

いや、下の使い方も悪くないとみました。日本で育ったなぁと感じさせるステップでした。もちろん、上も強いです。意外に右打ちも上手いんですよ。大学リーグで爆発的な打率を残せるのも納得するような。

> あ 新垣投手を抜かしてました…これはやられましたね… 直前の社会人大会を見たら まさに攝津系の即戦力タイプになってた、こりゃ情報不足で完全に王楽さんに出し抜かれました、新垣はよくいるタイプとの先入観があったんですよ…腕を磨いていたんだなぁ まさに攝津を継ぐものって感じでした…なぜ指名なかったんだろう? スカウトの好みかな? 一位に大型即戦力の目論見は外れたものの、それはクジですから王楽さん関係ないです(笑) 後はバランスよく 明確な補強ポイントと的確に技術論に基づき、さらには坂口、葛西の芸術ポイントも高く、新垣の巧みな指名…さすがでした!

ありがとうございます。でも、やっぱり、ドライチは大事ですよ。ドライチが全てとはいいませんが、ドラフトの7割の正否は握るかと思っています。

新垣は仰るように社会人に良くいる感じはありますね。でも、今年は迫力がありました。プロに行きたいんだろうなといったものが伝わってきました。私はドラフトでは絶対に即戦力投手をピックアップ、出来れば指名しているので、彼が今年はその役割でした。投手は絶対に足りなくなる、外人には俺は頼らんと信念を持っていますから。(苦笑)

王楽太陽 #- | URL
2011/10/30 18:26 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/671-18bbb8e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。