LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

プチ川原フィーバー 

福岡の鷹番組で、連日、話題となっているのが、川原のA組入りです。今日も、ニュースでノックを受ける姿が取り上げられていました。(しかし、いい体になっとんなぁ)

地元出身ということもあって、お父さんまでTVインタビューに答えられてましたね。全く一軍実績が無い、ファームの投手にこれほどスポットが当たる事って、ドライチでもない限り、そうある事ではないでしょう。ラジオ番組に出ていた、ニッカンスポーツの記者は「持っている力は、和田・杉内ランクよりも上の投手」とまで言ってました。ここまで言われるとフィーバーというより、バブル的な存在とならないかとちょっと不安にすら感じます。

というのも、以前こうした、バブルがありましたからね。そのバブルの対象は、小椋真介でした。00年キャンプ、前年のMVP左腕、エース工藤がFAで移籍し、左の先発がいなくなった際、その埋め合わせを、地元出身の2年目左腕・小椋に期待しました。
しかし、その年のオープン戦で、ファーボールを連発し、バブル的人気が破裂し、その後、長く低迷しました。期待が大きかった分、ファン・マスコミの失望も大きかった気がします。小椋自身も、その当時、周囲のあまりの期待の大きさに自分を見失ったというコメントを後に残しています。どうしても、あの時の苦い経験が川原と被っちゃうんですよね。若手に期待を寄せるようなブログを散々書いておきながら、なんなのですが。(苦笑)

今、川原に言いたいのは、A組入りは、まず自分の成長の糧の機会となるようにすれば良いって事ですね。このキャンプでは、A組の投手と競うというより、自分の理想と勝負して欲しいです。いや、自分の理想を作り上げて欲しいです。その材料探しがA組入りだと。それくらい、のんきに時間をかけて、成長させたい投手なんですよね。下手に急がせたくないという。絶対に壊しちゃいけない、ホークスの宝ですからね、川原は。

スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

お久しぶりです王楽さん
今年もちょこちょこコメント書かせてもらいたいです(笑)

マスコミの川原への注目はあのファームオールスターで一気に
集まった感じですね。

東京のテレビとかはともかく
地元福岡のテレビ番組なら
もっと早くから注目してろよ、って自分は呆れてましたけど

色々共通点が多いから
比較されがちな小椋と川原ですが
どうしても自分はそんな風に思えないんですよね
全く違うタイプの投手だと思ってるからでしょうか。

王楽さんの心配もわからないではないですが
川原に注目が一点集中することはないだろうと思うので
大丈夫でしょう。
他にも期待の投手はたくさんいますから。
自分も一押しの坂田もいますし(笑)

ちょっと気になったのが川原のフォームのことです。
先日テレビで川原のブルペンでの投球を
見たのですが、昨年と少し違ってましたね。
足上げたときのグラブの位置が
『顔の横』から『腹の横(右足ふともものすぐ上?)』に
下がってましたね。

もしかしたらオフに海外に行った時からそうだったのかもしれないのですが、ファームオールスターのときとはフォームが違ったので
ちょっと気になりました。

技術的なことはさっぱりわからないので
どういった狙いがあって、どのような違いが生まれるのかが
知りたいなと思いました。

あと怜王のことなんですが
サイドスローに変わったという話もあったり
中日吉見、ソフトボール上野のススメでオーバースローに戻したって
話もあったり、どうなってるんでしょうか…。
先日の月刊ホークスをテレビで見たら
「腰痛によりサイドへ転向」って言ってて
森福がサイドスローのアドバイスをしてたんですが…。
なにか御存知ですか?

ゆずぼんど #- | URL
2012/02/01 22:22 edit

王楽さん、はじめまして。

楽しみにブログ拝見させていただいています。特に、二軍の選手の情報は一部以外はなかなか入ってこず、また自分が選手の分析に関して素人なので、王楽さんの客観的な見方はとても面白く感じます。

川原選手のことですが、入団当初から「小椋2世」と呼ばれていたようなので、オールスター以後の活躍が楽しみな反面不安でもありました。
特に高卒2年目で海外修行はまだ早いのではないかと思っていたのですが、こればかりはとにかく経験を積ませようという首脳陣の考えでしょうか。
プロなので騒がれるのはある程度仕方ないとはいえ、可能性をメディアの一喜一憂につぶされないよう、私も大事に育ててほしいと思います。倉野コーチはしっかり指導されている印象を受けるので、大丈夫かなとは思いますが。

また、王楽さんが押されている(笑)坂田投手情報ですが、本来ならA組スタートだったものの鉄分不足(貧血気味?)により調整が必要になりA組入りを見送る形になったそうです。坂田投手のお父様のブログ(こちらもまた、坂田という選手のこれまでがわかって興味深く、より選手を応援したくなります)にその旨が記されていました。ですので、もしかすると割と早く一軍で、その姿を見る日が来るかもしれません。というか、来て!笑

現在、山田・岩嵜両投手がお互いを意識しているように、川原・坂田コンビも魅力の違う投手としてWで頑張ってほしいですね。

セン #.8cA8Zfs | URL
2012/02/02 15:33 edit

Re: タイトルなし

>ゆずぼんどさん
> お久しぶりです王楽さん
> 今年もちょこちょこコメント書かせてもらいたいです(笑)
> マスコミの川原への注目はあのファームオールスターで一気に
> 集まった感じですね。
> 東京のテレビとかはともかく
> 地元福岡のテレビ番組なら
> もっと早くから注目してろよ、って自分は呆れてましたけど


今年もよろしくお願いします。ファームに注目するTV番組って、「とべとべ」が終わって無くなっちゃいましたね。残念です。

> 色々共通点が多いから
> 比較されがちな小椋と川原ですが
> どうしても自分はそんな風に思えないんですよね
> 全く違うタイプの投手だと思ってるからでしょうか。
> 王楽さんの心配もわからないではないですが
> 川原に注目が一点集中することはないだろうと思うので
> 大丈夫でしょう。
> 他にも期待の投手はたくさんいますから。
> 自分も一押しの坂田もいますし(笑)


小椋とは投手としては全く違うと思うのですが、仕上がっていないのに過剰に期待されるのは、ちょっと危ういなぁ(苦笑)という気持ちです。この投手については、長い目で見なきゃいけないと思うんですよ。坂田は、川原よりも仕上がっている感じはあります。早目に1軍と期待したいです。

> ちょっと気になったのが川原のフォームのことです。
> 先日テレビで川原のブルペンでの投球を
> 見たのですが、昨年と少し違ってましたね。
> 足上げたときのグラブの位置が
> 『顔の横』から『腹の横(右足ふともものすぐ上?)』に
> 下がってましたね。
>
> もしかしたらオフに海外に行った時からそうだったのかもしれないのですが、ファームオールスターのときとはフォームが違ったので
> ちょっと気になりました。
>
> 技術的なことはさっぱりわからないので
> どういった狙いがあって、どのような違いが生まれるのかが
> 知りたいなと思いました。


良いご質問ですね。(笑)私は、投手が両手を離すポイントっていうのは、「体の軸」を機能的に使う為のスウィッチだと思っています。結構重要ポイントではないのかと。あまりここに注目している人はいないのですが。

軸というのは、回転運動の芯となる部分です。この軸というのが、実は、体の中心から前(左投手なら右足)、後ろ(左投手なら左足)とがあるという画期的な発見をされたのが、「4スタンス理論」という理論を提唱された廣戸聡一という方なのです。この廣戸氏曰く、前軸で放る人は、両手を離す位置を前で高く(上げた足の膝の位置)、後ろ軸は後ろで低く(後ろ脚の股関節位置)であるべきで、両手を離す位置っていうのは、むやみに変えるべきでないと言っています。

ですから、グラブ位置に正しいポイントがあるかどうかはいえませんが、軸に合ったポイントに合わせるように意識すべきだと思います。(フォーム的にここまでは意識して変化させられますから)川原の変化は、その軸に合わせるように変化させたのか、その辺は私にはまだ診きれないポイントです。ただ、川原が後ろに軸があって、体を動かすタイプだったのなら、ご指摘の変化は良い方に向かうのかもしれません。どうでもいいですが、私は前軸ですから、後ろ脚の近くにグラブを持ってくると非常に投げにくく感じます。

> あと怜王のことなんですが
> サイドスローに変わったという話もあったり
> 中日吉見、ソフトボール上野のススメでオーバースローに戻したって
> 話もあったり、どうなってるんでしょうか…。
> 先日の月刊ホークスをテレビで見たら
> 「腰痛によりサイドへ転向」って言ってて
> 森福がサイドスローのアドバイスをしてたんですが…。
> なにか御存知ですか?


怜王については、今、ゆずぼんどさんが教えて頂いた事が最大の情報です。西スポの携帯は購読していますが、怜王の情報は記憶に薄いですね。月刊ホークスもビデオに録っていますが、ちょっとまだ観れていないんですよ。
まぁ、サイドっていうか、少し腕を下げた方が、特長あって、良いのかなとは思います。坂田・川原と典型的な先発タイプが後輩にいるわけですし。

王楽太陽 #- | URL
2012/02/02 18:10 edit

王楽さんお疲れ様です 川原は逆に言えば、騒がれるべき存在が、西武の菊池の隠れ、二位で獲得できて、しっかり身体を落ちついて作れ、今にいたったのですから、まぁ、プチ騒がれ時期が遅れた分よしとしましょう(笑)

とは言え、川原はブルペン初日に力み過ぎて膝を擦り、血が滲んだとのこと、外的要因でフォームのバランスが崩れたのは間違いないので、元来おっかなびっくり日陰のトカゲ的な性格なので(笑)、数々の脱皮を得て成長し、日の当たる所に出て 猫に合ったり(笑)、世間の危険にさらされ、自信のバブルがはじけた時にどう立ち直るのか?…とかが気になりますが、まぁ…カグアスあたりのイバンロドリゲスやコモド大トカゲとか見て、修行したから大丈夫…かな?(笑)

彼のいい所である、フォームの構築能力…頭で描いたフォームの再現力は球界屈指の能力なので、今回工藤から受けたアドバイスは よい経験値になったのでは? 変化球の切り方、そしてなにより、溜めを作らず、連動した動きを心掛ける…というアドバイスは ためをつくる…のがいいのでは?と私は思っていましたが、今の川原にはスピードを出すために、若干連動の時に力みが見えたので、このアドバイスは有効なのでは?と思いました。

坂田はゆずぼんどさんの有益な情報で鉄分不足とは知りませんでした、まぁ レバー食って、そーれそれ鉄骨飲料ー♪飲んで(急に思いだしました(笑)) 坂田の通天閣投法の鉄骨を築いてほしいです(笑)
しかし秘密兵器らしく潜航してるなぁ(笑)

一夜城の如く 急に現れてほしです…坂田の一夜城(笑)

ほーくすくす #- | URL
2012/02/03 11:44 edit

Re: タイトルなし

>センさん
> 王楽さん、はじめまして。
> 楽しみにブログ拝見させていただいています。特に、二軍の選手の情報は一部以外はなかなか入ってこず、また自分が選手の分析に関して素人なので、王楽さんの客観的な見方はとても面白く感じます。


はじめまして。お褒め頂き、光栄です。客観的にみせかけて、実は主観がばりばりにじみでるの時もありますので(苦笑)、そのへんを汲んで頂き、今後ともよろしくお願いします。

> 川原選手のことですが、入団当初から「小椋2世」と呼ばれていたようなので、オールスター以後の活躍が楽しみな反面不安でもありました。
> 特に高卒2年目で海外修行はまだ早いのではないかと思っていたのですが、こればかりはとにかく経験を積ませようという首脳陣の考えでしょうか。
> プロなので騒がれるのはある程度仕方ないとはいえ、可能性をメディアの一喜一憂につぶされないよう、私も大事に育ててほしいと思います。倉野コーチはしっかり指導されている印象を受けるので、大丈夫かなとは思いますが。


私自身も「小椋2世」と銘打って、アマ時代の彼をここで紹介しているんですよね。(苦笑)今は、小椋というより、先発が出来る篠原みたいな投手(篠原も福岡市出身ですしね)だと思っています。篠原とは球質が違うのですが、綺麗なフォームっていうのは共通しているかと。
メディアの一喜一憂は、選手を過敏にさせますしね。必要以上に流されないで、足元をしっかりと作って欲しいです。まだ、フォームも投球も固まっちゃいませんから。原石がより大きくなっただけで、磨かれちゃいない。でも、ここまでは十分すぎる成長ですけどね。

> また、王楽さんが押されている(笑)坂田投手情報ですが、本来ならA組スタートだったものの鉄分不足(貧血気味?)により調整が必要になりA組入りを見送る形になったそうです。坂田投手のお父様のブログ(こちらもまた、坂田という選手のこれまでがわかって興味深く、より選手を応援したくなります)にその旨が記されていました。ですので、もしかすると割と早く一軍で、その姿を見る日が来るかもしれません。というか、来て!笑
>
> 現在、山田・岩嵜両投手がお互いを意識しているように、川原・坂田コンビも魅力の違う投手としてWで頑張ってほしいですね。


坂田に関する凄い情報ありがとうございます。ホークス首脳がそこまで坂田を買ってくれていたのが分かったのが本当に嬉しいです。(しかし、鉄分不足って。パセリとレバーでも食べんと)いつか、お時間がある時にその親父さんのブログのアドレスを教えて貰ってよかでしょうか?探したのですが、ちょっと見つからず。
しかし、川原といい、親父さんがそんなに熱心なのは、良い事ですね。選手もありがたいでしょう。ファンに情報発信してくれるのも仰るようにより応援したくなりもんね。
ぼちぼち誰か、川原・坂田コンビに良いコンビ名つけてくれんですかね。(笑)

王楽太陽 #- | URL
2012/02/03 21:06 edit

Re: タイトルなし

>ほーくすくすさん
> 王楽さんお疲れ様です 川原は逆に言えば、騒がれるべき存在が、西武の菊池の隠れ、二位で獲得できて、しっかり身体を落ちついて作れ、今にいたったのですから、まぁ、プチ騒がれ時期が遅れた分よしとしましょう(笑)

プチ川原フィーチャーは凄い事になってますよ。自主トレ中は、岩嵜・山田に凄い注目が集まっていたのに、杉内の喪失感を川原で埋めようと躍起になっています。しかも、川原のにぃちゃんは、KBCに勤めているので、特に押しているような。

> とは言え、川原はブルペン初日に力み過ぎて膝を擦り、血が滲んだとのこと、外的要因でフォームのバランスが崩れたのは間違いないので、元来おっかなびっくり日陰のトカゲ的な性格なので(笑)、数々の脱皮を得て成長し、日の当たる所に出て 猫に合ったり(笑)、世間の危険にさらされ、自信のバブルがはじけた時にどう立ち直るのか?…とかが気になりますが、まぁ…カグアスあたりのイバンロドリゲスやコモド大トカゲとか見て、修行したから大丈夫…かな?(笑)

そういや、これだけ騒いでいるのに、川原自身のインタビューってみていないですね。今はしっかりと話せるようになったのかな。まぁ、投手は石井一や井川みたいに変わってても使いもんになっていますから、性格はさほど影響しないのかな。岩嵜や武田みたいに年の割にしっかりしすぎても、面白味に欠けますしね。

> 彼のいい所である、フォームの構築能力…頭で描いたフォームの再現力は球界屈指の能力なので、今回工藤から受けたアドバイスは よい経験値になったのでは? 変化球の切り方、そしてなにより、溜めを作らず、連動した動きを心掛ける…というアドバイスは ためをつくる…のがいいのでは?と私は思っていましたが、今の川原にはスピードを出すために、若干連動の時に力みが見えたので、このアドバイスは有効なのでは?と思いました。

工藤の指導のあと(だと思うんですが)、すごいボール放っていましたよ。私も「タメ」の部分の指導はちょっと分かりませんね。1・2・3のリズムで投げるのではなく、1・2~の3を作る事が重要だと思いますから。打者も合わせにくいはずですしね。
しかし、工藤・武田といった、90年代のホークスを支えた投手が力を貸してくれるのは嬉しいもんです。

> 坂田はゆずぼんどさんの有益な情報で鉄分不足とは知りませんでした、まぁ レバー食って、そーれそれ鉄骨飲料ー♪飲んで(急に思いだしました(笑)) 坂田の通天閣投法の鉄骨を築いてほしいです(笑)
> しかし秘密兵器らしく潜航してるなぁ(笑)
> 一夜城の如く 急に現れてほしです…坂田の一夜城(笑)


いいなぁ、坂田の一夜城。さすがのネーミングです。ホークスはいつの間にあんな砦を築いたんだって、驚かせたいもんです。

王楽太陽 #- | URL
2012/02/03 21:19 edit

王楽さん、こんばんは。
レスありがとうございました!

坂田父のブログですが、コチラ(ttp://ameblo.jp/aofd/)です。坂田投手のエピソードを知りたいと思っている時に偶然発見しまして(笑)。「"息子がドラフトで指名された"?プロフィールの写真が"67"?坂田のことかー!というかお父さんかー!」と(笑)。
見て頂ければわかると思いますが、大々的に坂田投手の父として応援するというより、良い意味でひっそりと、ですがしっかり熱く応援されているようです。特に幼少期から現在に至るまでが綿密にわかってすごいですね。記事を遡ると、綺麗だと言われるフォームやコントロールの理由がすごくわかる気がしました。

先に書きました「A組」云々は、「鉄分」という記事のコメント欄に少し記してあります。
文脈から考えるに、坂田投手の願望ではなく、本当にA組入りが予定されていたのだと思います。私も知った時はすごく嬉しかったです!記事を遡ると、高山コーチに「もう10球投げてみろ」と言われたりと(ま、色んな投手に対して言っているのでしょうけど)坂田投手が首脳陣に評価されているようで嬉しい(笑)。

そして、鉄分不足のことについても詳しく書かれていますが、どうも陸上選手にも鉄分不足者が多い様子。付き合っていくしかないもののようなので、しっかりケアして、小柄でも例えば燕の石川投手のような、「小さな巨人」に育ってほしいなと思います。帆足投手のFA代償として取られなくて、本当に良かった!

川原・坂田のコンビ名…ぜひいつか付けてほしいですよね!
が、岩嵜・山田にまずはコンビ名が付きそうな気がしてます(まだ聞かないですよね?)。

セン #.8cA8Zfs | URL
2012/02/04 00:19 edit

Re: タイトルなし

>センさん
> 王楽さん、こんばんは。
> レスありがとうございました!
> 坂田父のブログですが、コチラ(ttp://ameblo.jp/aofd/)です。坂田投手のエピソードを知りたいと思っている時に偶然発見しまして(笑)。「"息子がドラフトで指名された"?プロフィールの写真が"67"?坂田のことかー!というかお父さんかー!」と(笑)。
> 見て頂ければわかると思いますが、大々的に坂田投手の父として応援するというより、良い意味でひっそりと、ですがしっかり熱く応援されているようです。特に幼少期から現在に至るまでが綿密にわかってすごいですね。記事を遡ると、綺麗だと言われるフォームやコントロールの理由がすごくわかる気がしました。


坂田親父さんのブログ紹介して頂き、ありがとうございました。全部は読んでいませんが、ほのぼのとしてて、暖かく息子の成長を見守るって感じで、好感を覚えますよね。坂田がしっかりしているのもわかるなぁと。しかし、仕事を一緒にしているのもあって、この年になっても、ぶつかりあっている、我が親子とはえらい違いだなと変な反省をしました。(苦笑)

> 先に書きました「A組」云々は、「鉄分」という記事のコメント欄に少し記してあります。
> 文脈から考えるに、坂田投手の願望ではなく、本当にA組入りが予定されていたのだと思います。私も知った時はすごく嬉しかったです!記事を遡ると、高山コーチに「もう10球投げてみろ」と言われたりと(ま、色んな投手に対して言っているのでしょうけど)坂田投手が首脳陣に評価されているようで嬉しい(笑)。
> そして、鉄分不足のことについても詳しく書かれていますが、どうも陸上選手にも鉄分不足者が多い様子。付き合っていくしかないもののようなので、しっかりケアして、小柄でも例えば燕の石川投手のような、「小さな巨人」に育ってほしいなと思います。帆足投手のFA代償として取られなくて、本当に良かった!
> 川原・坂田のコンビ名…ぜひいつか付けてほしいですよね!
> が、岩嵜・山田にまずはコンビ名が付きそうな気がしてます(まだ聞かないですよね?)。


しかし、高卒ドラフト下位指名の投手が2年目でA組入り検討されているのも大したもんですよ。しかも、実績は3軍ですからね。(坂田のせいではないけど)ブログによれば、王さんも坂田家への年賀状に「成長の報告があがっている」と一筆書かれてたとか。王さんも齢を重ねられて、せっかちに成長を待てなくなったのかと思っていましたが、やはり、自前でチームを作るという信念はお持ちなんだろうなと思いました。こういった事が分かったのも、センさんのおかげです。重ねて、ありがとうございます。

王楽太陽 #- | URL
2012/02/04 21:07 edit

セツさん申し訳ありませんでした

王楽さん、センさん ゆずぼんどさんお疲れ様です
先日、坂田の鉄分不足をゆずぼんどさんのコメントと勘違いしていました、お二人大変申し訳ありませんでした(汗)(…お二人が私のコメントなんか見てはないでしょうが一応(笑)…しかし坂田のお父さん絡みから情報見つけるとは…情報通だなぁ)

ほーくすくす #- | URL
2012/02/04 21:30 edit

王楽さん、ほーくすくすさん

王楽さん、坂田父ブログ無事ご覧いただけたようで良かったです。
そうなんです!王会長の耳にも届くほどの評価があるのだと、おおお!となりました。坂田投手はじめご家族はなおさら嬉しかったでしょうね。オープン戦にも登板してほしいような、隠し玉としてあまり他球団に見せたくないような(笑)楽しみな選手ですね。オープン戦ならではの坂田-川原のリレーなんかスゴク見たいですが(笑)。…川原投手の記事ですのに坂田投手のことばかり書いてしまいました。すみません。

そして、ほーくすくすさん。名前の件どうぞお気になさらず。私もミスをしてしまって慌てることが多いので。坂田投手幻のA組入りは、ブログのコメント欄も楽しみに読む性格が、結果的に思いがけない良情報を得たわけで、普段から情報通というわけではないのですよ(王楽さんのことを指して言われていたのなら早合点すみません)。魅力的な若手が多いので、どんな2012年にしてくれるのか楽しみですね。

セン #.8cA8Zfs | URL
2012/02/06 13:28 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/713-8d6da3fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。