LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

天才は紙一重 

本日の開幕戦、明石が見事なタイムリーヒットを放ちました。フィガロのチェンジアップを右手を巧くコントロールして、ちょこんとセンターへ落とす、芸術的な打撃でした。
3年前の09年、後半戦に明石が台頭してきた時、楽天のスコアラーは「今、パリーグで変化球を一番巧く打つのは、明石か後藤(オリ)じゃないか。」というコメントを残しています。その言葉どおりの打撃でした。
ですが、あの打撃こそ、明石を苦しめてきたという一面も実はあるのかもしれません。あんな難しいボールを下手に拾いきれるもんだから、どんなボールでも打ちにいくという、負の側面が明石の打撃には見られます。あれだけ当てるのが巧いくせに、意外に空振り三振が多いのはそういったのが原因でしょうね。
あんなボールは、打ちにいきながらも、「やっぱ、やーめた。」とバット先端を地面の下につけるような動き(中途半端はスウィングのような動きですが)でも出来れば(カズ山本や門田はこれをやってたなぁ)、本当はもっと安定感のある打撃が出来るはずなんだろうなぁと。バットを止める勇気と力と選球眼がつけば、3割越えは決して難しくないと思うのですが。

明石自身は、昨年、3割越えをしていた時、「一軍でもスタメンで出て、打席に立てていれば、これくらいは打てるはずと思っていた。」とコメントを残しています。やはり、同じ投手と3打席対峙出来れば、対応出来るんでしょうね。それを裏付けたヒットだったのかなと。私が言う事など、杞憂であって欲しい。というか、なんのかんの言いながら、ああいった魅せるヒットを打てて、攻撃的な打席スタイルの明石の方が好きなんですけどね。
スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/731-2d01a431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。