LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

江川日和 

江川が西武戦で大活躍しましたね。私は様々な野暮用で、試合をほぼライブで見れず、夜にビデオで見なおしたもので、ここの皆さんと同時に喜べず、乗り遅れました。(苦笑)(しかも、昨晩には家のすぐ近所で発砲事件があり、ブログモードに入れず。児童の登校の見回り・朝立ち役を今朝やってきました)

江川の3塁打はさすがの打球でした。逆方向にもあれだけ強く飛ばせるのが、江川のミソです。ただ、そればかりを意識して欲しくはないです。
かつて「20世紀最後の大物内野手」として入団してきた、井口の覚醒に意外に時間が掛かったのは、プロ入り後、右打ち病のようなものに掛かったからだと思うんです。右打ちを意識して、ヘッドが遠回りに出てくるのは、決して良い事ではないんです。打者の良い打球って言うのは、引っ張った打球なんだから、それが基本であるべき。(センターからちょい引っ張った打球こそが最も飛ぶはずです)

と書いているのも、江川は一軍に行くと、やたらと軸足の右足を後ろに引いたような打ち方が目立つんですよね。あれは、当てる意識が強すぎるのと逆方向の意識が強すぎる為に起きているんじゃないかと懸念しています。
右足は前に動く分はまだ許容出来ますが、後ろに引くのは、逆方向には打ちやすくはなりますが、決して、良い型とはいえません。雁ノ巣でもたまにはあの姿を見ますが、あそこまで頻発してはいないですね。一軍でボールに必死に喰らいつく姿の現れともいえますが、もっと堂々と江川らしく、強く振っていって欲しいです。しっかり振っても、アウトコースを右方向に持っていけますから。右足など引かなくても。

ちょっと苦言を呈しましたが、しっかりと褒めてやりたいのは、守備と走塁です。中島のライトフライでタッチアップを未然に防いだのは、その前のライトから三塁への送球が強かったので、コーチャーが躊躇したのだろうと思います。やや担ぎ投げ気味ですが(秋山監督ぽい)、小さなテークバックで放れるのも強みですね。
それに、しっかりと後ろから前に助走を取るように、しかも胸の辺りでの捕球体勢だったのも基本が出来ています。それもコーチャーは止めたくなった要因でしょう。昨今、一軍でも時折、その辺が出来ていない野手が散見されているんですよね。前から後ろに下がっての捕球だったり、顔の辺りで捕球したり。

そして、走塁ですが、やはり、足が速いなぁと。サードゴロでもギリギリでアウトになったりと、右打者にしては、トップランクの走力でしょう。私が雁ノ巣で計る一塁到達タイムは、いつも安定的に速いんですよ。右打者では松田や立岡と変わらないくらいに。その辺は、江川の隠し味だと思います。(歩く姿は、なんとなく速そうに見えないんだよな。イメージ的に損をしているのかも)そのサードゴロタイムは4.15秒と左打者の長谷川とほぼ変わらないタイム。また、あの3塁打は11.4秒強とプロでもトップランクといえます。11.5を切る選手も珍しいのに、これだけ速い右打者というのは貴重です。(ただ、明石・福田・城所らにはさすがに勝てない。たとえ、江川が左打者だったとしても)
あのスウィングスピード(ダルも昨年びっくりしたとコメントしています)だと野手は後ろ気味に守り、グラブでしっかりと止めるので、送球も遅れます。意外に内野安打も拾えそうなんですよね。雁ノ巣と違って、一軍はほぼどこも人工芝ですし。

ということで、江川というのは意外に使い手のある選手と言えます。5ツール型の。それを一軍で証明してくれた日といえますね。

スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

佳日

もちろんライブで喜んでいました(笑)
以前よりは打席で落ち着いていると感じました。
ただ右足には私も気が付きました。
ちょっと井手正太郎みたいだなあ、と。
この試合では、打撃も守備も足も見せたので、
出場機会も含めて、今後に期待が持てますね。

Bookers #- | URL
2012/04/09 21:56 edit

おめでとうございます

私も昨日は体調不良でライブでは見ていなかったので、今ビデオをチェックしています。

江川の当たりは、あれが本来の当たりなんでしょうね。
反対方向に強く叩けているのは本当にすばらしい。

ペーニャが当たりまくっているので、少なくとも当面、DHはペーニャで決まりでしょう。守備は全然だめですから。足は速いんだけどなぁ。
そうすると、センター長谷川、レフト内川として、ライトの守備位置を江川と福田で争う形ですね。
長打力の江川か、シュアーな福田か。楽しみな争いです。

それにしても、ホークスの盗塁数はいったい何なんでしょう。
9試合で23ですか。もちろん12球団でダントツ。ほかのチームは2桁にも乗っていません。
江川も福田も盗塁を期待できる選手ですから、盗塁数はもっと伸びるんでしょうね。
これもとても楽しみです。

狛江の鷹 #- | URL
2012/04/09 23:10 edit

Re: 佳日

>Bookersさん

> もちろんライブで喜んでいました(笑)
> 以前よりは打席で落ち着いていると感じました。
> ただ右足には私も気が付きました。
> ちょっと井手正太郎みたいだなあ、と。
> この試合では、打撃も守備も足も見せたので、
> 出場機会も含めて、今後に期待が持てますね。


そうなんですよ。正太郎みたいになっています。雁ノ巣であそこまで右足を引くしぐさはみられないんですけどね。たまにはやってるけど。
あれをやる理屈ははっきりとわかりませんが、恐らく、「体を開きたくない。前足の開きを抑えよう(ボールが当たってから体が開くのは正しい動きのはず)。」「右方向に打とう」といった意識が、右足のおかしな動きを誘発しているのではないかと思われます。あの3塁打ではその動きは無かったですし、あれがある限り、ミスショットをするし、打球にも力が伝わらないはずです。右足かかと付近にブロックでも置いて、修正してやりたい気分です。
正直、あれが散見されているうちは、一軍で安定的な数字はかなり厳しいとみます。一つ良くなると(始動、投球との間合いがよくなっています)、一つ悪くなるのが、江川らしいというか(苦笑)。荒削りだなぁと。

王楽太陽 #- | URL
2012/04/11 07:23 edit

Re: おめでとうございます

>狛江の鷹さん
> 私も昨日は体調不良でライブでは見ていなかったので、今ビデオをチェックしています。
> 江川の当たりは、あれが本来の当たりなんでしょうね。
> 反対方向に強く叩けているのは本当にすばらしい。


江川の右方向の打球は、田上の打球に似ているんですよね。上に高くは上がらないけど、打球は鋭いというか。右に引っ張る感じはありますね。押し込むんじゃなくて。

> ペーニャが当たりまくっているので、少なくとも当面、DHはペーニャで決まりでしょう。守備は全然だめですから。足は速いんだけどなぁ。
> そうすると、センター長谷川、レフト内川として、ライトの守備位置を江川と福田で争う形ですね。
> 長打力の江川か、シュアーな福田か。楽しみな争いです。


今シーズンの話ではありませんが、遠からず、ウッチーはファーストを守る事になるんではないでしょうか?外野守備を高めたい私としてはそれを希望します。
仰るようにペーニャの外野守備はお話にならんですね。投手が可哀想です。松中は守備範囲はめちゃめちゃ狭いですが、近くのボールならしっかりと取れますから、ペーニャよりもマシですね。

> それにしても、ホークスの盗塁数はいったい何なんでしょう。
> 9試合で23ですか。もちろん12球団でダントツ。ほかのチームは2桁にも乗っていません。
> 江川も福田も盗塁を期待できる選手ですから、盗塁数はもっと伸びるんでしょうね。
> これもとても楽しみです。


雁ノ巣にはまだ柳田・中村といった選手も盗塁が出来ますしね。将来は、みんなが長打を打てて、盗塁が出来るという秋山監督のドリームチームも不可能じゃない気がします。私も一番望むチームです。改めて、04年以降は良いドラフトしてきたなぁと思います。ちょっと育成に時間はかかっていますが(苦笑)

王楽太陽 #- | URL
2012/04/11 07:32 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/737-1d2d73d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。