LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

似て非なる二人 

オープン戦2試合で目立った投手と言えば、私的には二保と東浜でした。
この二人、本当に良く似ているなぁと改めて感じました。年齢も一緒で、背格好も似ている。フォームは違うけど、綺麗な欠点がない投げ方っていうのもよく似てます。投球で打者を討ち取るタイプっていうのも一緒です。
あえて、違う点を探したのですが、いまのところ感じたのが次の点です。
「カウント球があって、打者を追い込むのが上手なのが、東浜。但し、決め球にはイマイチ欠ける」
「カウント球が無く、ボール先行になりがちなのが、二保。但し、決め球のチェンジアップ・フォークがある」

東浜は、ストレートのコントロールが良く、鋭いスライダー、ツーシームがある為、打者を追い込むのが非常に上手です。これはプロでもそのままでいけるなと。ですが、これという決め球にはやや欠ける印象があります。それでも、そのスライダー・ツーシーム・ストレートのコントロールの投球術・コンビネーションで十二分に打者を討ち取れるだろうと感じます。

一方の二保は、東浜よりもストレートのスピード・キレは感じますが、いかんせんコントロールにやや甘さがあり、精度に欠けます。スライダーも大きく曲がる為、決め球にはなりますが、見逃せばボールになることが多く、カウントを整える為にはやや精度を欠きます。それでも、追いこめば、チェンジアップとフォークという縦で攻められる決め球があるのは強みがあります。(それで三振を奪えれば、もっといいんですけど、そこまで威力があるかはまだ見極められません。昨年までは三振を奪うタイプではなかったですね)

さて、この似て非なる二人がこれからどうやって、プロでやっていけるのか。ライバルストーリーを作っていけるのか。楽しみは尽きません。
スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/773-8d47e37c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。