LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

13雁ノ巣ホークス観戦記1 前兆を待つ 二保  

VS由宇カープ3回戦(3/24)より

今年初観戦です。この時期は黄砂もあって、あまり出歩きたくはないのですが(私は鼻が弱いので)、どうしても、この時期の「さぁ、野球が始まる」っていうウキウキした気分に負け、行っちゃいました。
久し振りに娘とも観戦して、娘は試合後、多くの選手のサインをもらい、ご満悦でした。そういうのが嬉しくなる年になったんだなぁと。(って、加藤伸一コーチからもサインもらってて、親子2代でサインをもらいました。私は南海時代に頂いたのですが)

さて、今年も前口上は相手チームの選手について書いていければと。相手はカープでしたが、先発の戸田が素晴らしかったです。1回から見たのですが、「こら、今日は打撃で書くことなくなるぞ。」って諦めましたから。(そうなりました)この時期のファームの打者が簡単に打てる訳ねーよと。
実際、城所・明石といった一軍野手もストレートに気後れしている感じが見受けられました。それほど、キレ・伸びともに文句なしのストレートでしたね。
野手では、新人ショートの鈴木の動きは良かったです。あれで「高卒?投手あがり?」とかなりびっくりさせられました。今宮を見た時の動きの鋭さに匹敵します。

では、ホークス選手寸評です。
二保 旭(13 投手)

5回1自責点ですが、実質は、討ち取っていたイレギュラーヒット後の長打で一点を取られたので、自責0と評価して良いと思います。そう思いたくなるほど、文句ない内容でした。

一番良いと思ったのは、コントロールですね。強化試合のキューバ戦で乱れて、2軍に落とされた反省が利いていると感じさせるテンポ良いピッチングでした。1時間で4回表が終わっていましたしね。
ストレートにも重みを感じました。球速的には140㌔弱でしょうが、打者が捉えきれないんですよね。
また、ツーシームも多投してて、ファールでカウントを稼いでいましたし、投球を楽にしていました。それがよく現れたのが、4回の相手打者栗原の場面で、1外スライダー(B) 2外高目ストレート(S) 3インコースツーシーム(F)4外チェンジアップ(B) 5外大きなスライダー(見送り三振)と左右・緩急を利かせて、栗原を翻弄出来ていました。

フォーム的には、少し、上から振りおろす感じとなり、ストレートに角度がある気がしました。(ちょっと横からの観戦だったので断定はしにくいです)、それにトップからリリースまでの「間」が出来つつある気がしました。摂津のように最後だけ力を入れる感じというか、以前のように「さぁ、速いボールなげまっせー」という雰囲気が消えて、あくまで淡々と鋭いボールを投げ込めている気がしました。

この投球術に磨きをかけ、フォームで打者に嫌な感じを与えるのは二保にもっとも欲しいと思っていた点でしたから、それが感じられたのは、嬉しかったですね。一軍で勝てる投手になれる前兆をしっかりと受け取れました。

川原 弘之(26 投手)

こちらは一軍うんぬんとなるとかなり苦言を呈したくなりますが、大爆発の要素はしっかりと保っているのは感じます。
4イニングで3失点、特に9回に2点を取られた結果にも内容も芳しくないのですが、9回のツーランをニックに打たれたのは、先の回でエラーを含めて、ワンアウト2・3塁で、相手打者、栗原・岩本をしっかりと抑え込んだ後のイニングだっただけにちょっと気が抜けてしまったのかなと思います。かなり気持ちを込めて投げていましたし。

まぁ、いいボールとそうじゃないボールとの差が激しいんですよね。それはコントロールに原因があるんですが、とにかくカーブが抜ける。ストレートも高目に浮く。この2点さえ改善すりゃ、楽に投げられるはずなんですが。
とはいえ、そのカーブは試合でドンドン投げるべきです。これが決まらず、カウントを苦しくはしていますが、決まった時は栗原も岩本も手が出ないし、決め球になります。楽に結果を求めず、このボールを作る事を優先すりゃ、これが彼の将来を守ってくれるはずです。
ストレートも決まった時の噛みついてくるようなボールは雁ノ巣では滅多に見れないシロモノです。あれだけ戸田のストレートに見惚れたのに、「やっぱ、川原には勝てんよね。」と思いなおしたほどで。

フォームとしては、けっこうバラバラなんですよね。固まっていない。(オイオイ、もう4年目やぞ)足をあげて、一拍止まる時もあれば、そうじゃない時もある。私は止まった方が投げやすいと思うんですが、昨年、工藤にそれを止めよとアドバイスされてから、意識してやってないようですね。止まったほうが、骨盤と股関節をしっかりかませる感じがあって、下半身主導でコントロール出来るようになると思うんですが。




にほんブログ村←一応、まだ登録しているんで、気が向いたら、ポチっとお願いします。この前見たら、最下位をウロウロしてたんで。(苦笑)

スポンサーサイト

PAGE TOP

コメント

王楽さんお疲れ様です、二保投手に対する決め細やかな分析、大変興味深いです…キューバ戦でショックを受けたかもしれない二保も、このようにちゃんと見てくれている人がいる事を知れば嬉しい事でしょう…。 二保は高校時代に目覚ましい実績がなく、それを去年の目覚ましいファームでの活躍で 支配下を勝ち取り、ある意味で叩き上げの自信が 砂上の楼閣として崩れるのでは? と危惧しましたが、王楽さんのリポートで、そんな心配はいらないな…と思いました。

例え 荒波で崩れ去った砂の城だとて… 水分を吸って 叩き上げれば固い城壁が出来る…。

今回の出来事が なおの固い二保の固い城ができる事と信じて見守りたいと思います。

川原は…なんか高校時代の番組で私が思い描いていた、巨体と裏腹に器用にフォームを作る能力… という印象が間違いだったのか?? …と 思うことがあります。

うーん… なにか 思考の変革が必要なのかなぁ??…彼には排気量のデカイエンジンを持ちながらも、綺麗なフォームで投げる…という稀有な大型左腕の完成図を思い描いていたのですが…、 たまに見聞きする彼の言葉から、 なにか違う意味でのパワーの魔力に取り付かれ、他の物が見にくい、吸収しない状態なんじゃないかな?との印象があります。


現時点の千賀に関しては…真っ直ぐで勝負できる怪物ストッパーの可能性を秘めているのでは??…と思うのですよね…自分はどうあるべきか?…も含め一軍の打者と対峙する事が次へのステップになると思うのです。

しかし中村はファームで四の四1ホーマーか…食らい付くチャンスに サメのような二枚歯で噛みついてるなぁ… ホークスでは久しぶりに少ないレギュラーのチャンスに 食らい付く若手を見たなぁ。

ほーくすくす #- | URL
2013/03/27 21:21 edit

Re: タイトルなし

>ほーくすくすさん
> 王楽さんお疲れ様です、二保投手に対する決め細やかな分析、大変興味深いです…キューバ戦でショックを受けたかもしれない二保も、このようにちゃんと見てくれている人がいる事を知れば嬉しい事でしょう…。 二保は高校時代に目覚ましい実績がなく、それを去年の目覚ましいファームでの活躍で 支配下を勝ち取り、ある意味で叩き上げの自信が 砂上の楼閣として崩れるのでは? と危惧しましたが、王楽さんのリポートで、そんな心配はいらないな…と思いました。
>
> 例え 荒波で崩れ去った砂の城だとて… 水分を吸って 叩き上げれば固い城壁が出来る…。
>
> 今回の出来事が なおの固い二保の固い城ができる事と信じて見守りたいと思います。


地味な変化ですが、着実にステップアップしている投手だと確信しました。体も大きくなりつつあるし、先発として十分にやっていける感じがあります。ファームでは多少、ファーボールを出してもいいから、もう少し、コース高さのギリギリを狙ってつくようなストレート、ピッチングも見たいですね。それが出来れば、二保はほぼ完成型かなと。

> 川原は…なんか高校時代の番組で私が思い描いていた、巨体と裏腹に器用にフォームを作る能力… という印象が間違いだったのか?? …と 思うことがあります。
>
> うーん… なにか 思考の変革が必要なのかなぁ??…彼には排気量のデカイエンジンを持ちながらも、綺麗なフォームで投げる…という稀有な大型左腕の完成図を思い描いていたのですが…、 たまに見聞きする彼の言葉から、 なにか違う意味でのパワーの魔力に取り付かれ、他の物が見にくい、吸収しない状態なんじゃないかな?との印象があります。


体も出来ているし、とにかく多く投げさせて育てて欲しいです。それも結果を出させるんじゃなくて、結果よりも意図のあるピッチングを試合でさせて欲しいですね。その点では、この試合で9回も投げさせたのは、ありでしょう。先発もリリーフも両方やらせる形が望ましいです。大場もこのパターンで覚醒させて欲しいんですが。

> 現時点の千賀に関しては…真っ直ぐで勝負できる怪物ストッパーの可能性を秘めているのでは??…と思うのですよね…自分はどうあるべきか?…も含め一軍の打者と対峙する事が次へのステップになると思うのです。

大きなスライダーがストライクゾーンに行っているし、リリーバーとして、一軍の打者と多く対峙させるってのは、ありですよね。先発はさせていいレベルかどうかはまだ分かりませんが。

> しかし中村はファームで四の四1ホーマーか…食らい付くチャンスに サメのような二枚歯で噛みついてるなぁ… ホークスでは久しぶりに少ないレギュラーのチャンスに 食らい付く若手を見たなぁ。

あの中村晃が正直、この年までレギュラーではない事が本当に意外ともいえますね。江川は最初からファームで成績を出していましたが、意外に時間かかるかもと思っていたんですが。ま、これだけ色んな選手が入ってくれば、そうなるのか。2年前のカブレラ獲得が本当に無駄な時間を費やしてしまった。

王楽太陽 #- | URL
2013/04/01 20:09 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/780-ba806c1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。