LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

中継ぎ陣ピットイン 

一軍ホークスは、なんとか4月を5割にちかい形で終えました。あれだけもたついて、ここまで戻してきたあたりはさすがだなと思います。

この5割にちかい形に保っているのは、中継ぎ陣のおかげですね。勝利の方程式入りしている、千賀・岩嵜はもちろんのこと、藤岡・金無英の頑張りにはもっと焦点が当たって欲しいです。ビハインドで投げる事が多い彼ら二人ですが、長期的にみて、彼らが試合を崩さずに済ませているのが、じわじわとホークスを助けているはずです。負けても明日に繋がる試合になったって場合、大概が彼ら二人のおかげですから。「10-2」とかの試合を続けちゃっていると本当に弱くなっちゃう、浮上出来ないってのは、初期ダイエーホークスの試合を見ていた者からは、強く実感出来ます。

とはいえ、やっぱり登板過多になりがちなんですよね。ファームには、江尻、金沢、山本省、柳瀬といった実績のある中継ぎのエキスパートもいますし、二保・川原・嘉弥真といった一軍を経験させるに足る若い投手もいます。
そこで、調子を崩す前に登板過多になった投手、それもビハインドで投げさせられている投手をピットインさせる感じで、10日ほどファームでお休みを与えながら、起用していくってのは、どうですかね。(ファーム落ちさせられても、年俸には影響が出ない配慮が、当然前提条件ですが)

どうしても、このビハインドで投げさせられる投手って、一度悪くなるとガタガタと落ちていき、何時の間にファームに定住しちゃってたってパターンが多いんですよね。ビハインドで投げているというのは、それだけ毎試合、どんな場面でも準備しなきゃという心と体の疲労が蓄積されていくんでしょう。だからこそ、計画的に休みを与えるという作戦もありじゃないかと思っています。
スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

王楽さんお疲れ様です、 中継ぎピットインとはなかなか良いフレーズですね!…F1とかのあのメカニック達のキビキビした職人芸な動きはちょっとグッと来ます…。
ピットインの間の査定の問題も含め、中継ぎのメンテナンス、評価は見直すべきだと思います。

壊れやすい職業ですし、ビハインド枠はモチベーション的にもキツいものがあると思います。

ある意味で 2010年は 甲藤のフル回転で優勝できたと思ってます、 しかしその代償は大きく、甲藤は未だに本調子には戻っていません…。


優勝の立役者であるにも 関わらず、統一球採用前で、防御率は今見たら 傑出したものでなく… 甲藤の功績は埋もれがちです、


一身を犠牲にして優勝した…は 聞こえがいいですが、甲藤にも生活があります…

このような我々の胸をうちビハインド枠が 潰れないような ピットインシステムを含む、改革は是非必要だと思います。

権藤さんの 中継ぎローテーションは画期的で、また成果も出ましたが、 やはり監督は使いがってのよい投手を逐次投入してしまうのでしょうね…、定着には至らなかったのが残念です。

攝津のように メディカルチェックを根拠に先発転向とかは 形が見えて解りやすいですが、先発転向自体が難しいし、なんとか中継ぎのメンテナンスの改革は行われてほしいです。


…体と心の故障のメンテナンスは カズミに任せとけ!(カズミはF1のツナギがなんか似合いそう(笑))

ほーくすくす #- | URL
2013/05/01 01:11 edit

Re: タイトルなし

>ほーくすくすさん
> 王楽さんお疲れ様です、 中継ぎピットインとはなかなか良いフレーズですね!…F1とかのあのメカニック達のキビキビした職人芸な動きはちょっとグッと来ます…。
> ピットインの間の査定の問題も含め、中継ぎのメンテナンス、評価は見直すべきだと思います。
> 壊れやすい職業ですし、ビハインド枠はモチベーション的にもキツいものがあると思います。
> ある意味で 2010年は 甲藤のフル回転で優勝できたと思ってます、 しかしその代償は大きく、甲藤は未だに本調子には戻っていません…。
> 優勝の立役者であるにも 関わらず、統一球採用前で、防御率は今見たら 傑出したものでなく… 甲藤の功績は埋もれがちです、
> 一身を犠牲にして優勝した…は 聞こえがいいですが、甲藤にも生活があります…
> このような我々の胸をうちビハインド枠が 潰れないような ピットインシステムを含む、改革は是非必要だと思います。


中継ぎで大車輪の活躍をした投手は、高い確率で壊れちゃいますからね。そういう投手がいないと優勝出来ないともいえるんですけど。それだけに中継ぎにケアと報いはしなきゃいけないのに、一番不遇なんですよね。抑えよりも中継ぎのほうが負担は相当に高いと思うんですけど。

> 権藤さんの 中継ぎローテーションは画期的で、また成果も出ましたが、 やはり監督は使いがってのよい投手を逐次投入してしまうのでしょうね…、定着には至らなかったのが残念です。
>
> 攝津のように メディカルチェックを根拠に先発転向とかは 形が見えて解りやすいですが、先発転向自体が難しいし、なんとか中継ぎのメンテナンスの改革は行われてほしいです。
> …体と心の故障のメンテナンスは カズミに任せとけ!(カズミはF1のツナギがなんか似合いそう(笑))


ここに森福を今季はファームで先発させて、うまくいけば、後半先発ローテ投手にしたらどうだろうかと書こうとしたら、明日にも先発とか。森福の転向は大賛成ですが、いくらなんでも拙速だろうと思います。せめて、1ヶ月くらいは先発をファームでやらせてからと思うんですが。
それはともあれ、なるだけ、摂津の成功例を活かして、若手投手の中継ぎは2~3年で先発転向させるべきとも思います。

王楽太陽 #- | URL
2013/05/05 11:43 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/784-c52453ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。