LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

見逃し三振をどう診る?「ノーバディ ノウズ」を読んで 

もう一冊野球小説を紹介します。野球は漫画ではよく描かれ、多くの傑作がありますが、小説となると私は寡聞にして、思いつかないんですよね。ここ1年ほど小説に触れているのですが(ここ20年ほどは小説といえば、歴史小説ばかり読んでたような)最近は野球小説も多く刊行されているようで、興味深いです。
今日取り上げるのは、以前、「スカウト」という作品を紹介した、本城雅人氏作のミステリー小説です。

ミステリーといっても、作者が本当に描きたいのは、「野球」なんですよね。野球の理論を使って、謎解きをしていくだけで、いわゆるミステリーファンには、物足りないモノがあるんじゃないでしょうか。早目に答えが出ていますし。
あらすじとしては、メジャーで大活躍する、韓国系米国人・ジャスティン・キングが、実は元高校球児で日本人じゃないのかという謎を解くというお話です。
私にとって、一番印象的なシーンは、その謎を追う人物の一人が、キングが日本人だと疑いが確信へ変わるきっかけとなった場面です。それは「キングが見逃し三振を嫌がった」事でした。このようにキングを通して、日米の野球の違いを知り得る、野球ファンにとってこそ、面白い小説だと思います。


スポンサーサイト

テーマ: 野球全般 - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/789-a6620a96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。