LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

雁ノ巣のことは夢のまた夢 

斉藤和巳がホークスを去る日が来ました。

私はこのブログで、和巳が肩を再手術した際に「一刻も早く育成選手にすべき」とキツい事を書きました。
ホークスはそれまでに十分に和巳に報いたし、投げられる見込みのない投手に枠を取る必要はないと思いました。その枠は、若い育成選手にくれてやるべきだとも。

ですが、和巳に対する想いは、誰よりも相当に強かったんです。雁ノ巣時代の和巳のストレートとカーブ(フォークは投げて無かった)には、今の武田翔太と同じように強く魅了されましたから。ホークスの和巳・武田のレベルじゃなく、日本の和巳になれるんじゃないかと夢想したものです。
その後、信頼出来る、評論家の落合や杉浦忠さんが、まだ結果を出していない和巳を高く評価していたのをみて、その想いが、年々増幅しました。その増幅した想いにしっかりと応える活躍を03年からやってくれました。というか、あの時の和巳は、もう私が夢見た和巳以上の存在になっていて、別人のようでした。夢が現実になるってこういう感じなんかなぁと。

ただ、それでも、いつか、急に壊れるんじゃないかとも不安な気持ちも和巳にはありました。
何故、そう思ったか言いますと、01年に肩を壊して(開幕戦でリリーフ登板した後)、それから03年に復活した際に、「なんで、あれから、肩が良くなったのかが分からないんですよね。痛みに慣れたというか、試合で肩を作ったというか・・・。」と雑誌(野球小僧03年12月号)で答えていましたから。
「とんでない爆弾背負ってやってるなぁ。」と脆さを無双状態の和巳の裏に感じていました。もしかしたら、本人もいつか壊れると思っていたかもしれない。何が悪くて、どうして良くなったかが分からないまま復活してきたんだから。

07年にその爆弾が破裂してしまい、苦しい日々だったと思います。それでも、本当によく耐えた。
雁ノ巣ファンとしては、あの無双状態の和巳以上に、苦しさを耐え続け、リハビリを続けた和巳の方を誇らしく思いたい。
雁ノ巣の全体練習で、誰よりも速く、強く、必死にダッシュしていた美しい姿には、なにも嘘はなかった。あの苦しい時間は、誰も何も無駄じゃなかったはず。

最後に和巳の投球を見た時の記録がありましたので、リンクしておきます。お疲れさまでした。また、雁ノ巣で見果てぬ夢の続きを一緒にみよう。「斉藤和巳の現在地」
スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

王楽さんお疲れさまです。

斉藤和巳が若手時代に雁の巣で夏の汗と泥にまみれ、またリハビリを続けた経験があるこそ、マウンドの絶対王者として君臨し、肩を壊した後で我々には想像もつかない不安と辛さの中、耐えられたのでしょう。

今の精神的強さは雁の巣の土から培ってできたものでしょう。

そして、それは柳瀬、福田が和巳の背を見て、脈々と培われていると言葉からも解ります。

和巳は球界を代表する大樹に育ち、チームを庇い、風雨に折れてすら、雁の巣の土壌となり、新たな樹木を育てる糧となっています。

ホークスの大エースは、ただの大エースではない。

折れても、なお太陽に向かう姿を見せ、

折れかけた苗木を奮えたたす存在


和巳は、そんな雁の巣の大木であった。

ほーくすくす #- | URL
2013/08/05 17:53 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/795-cdba66cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。