LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ドラフトから診る現有戦力と後半戦の展望(福岡ソフトバンク編) 

【前半戦の戦い】こんなもんじゃない投手陣
ホークスの誤算は投手陣でしょう。オープン戦では、柳瀬・藤岡・三瀬・ニコースキー・馬原で磐石にみえた中継ぎ・抑えも馬原の離脱を中心に狂い始め、先発も未だ0勝の新垣をはじめとして、頼りない時期が続きました。嬉しい誤算は、10年目に花を咲かせた小椋とルーキー久米の活躍です。この二人がいなければ、どうなっていたかと。非常に価値のある活躍をしてくれました。
しかしながら、投手陣の奪三振がパで断トツの数を叩き出している事からも、投手の能力が高い事は疑いも無いところです。

打撃陣では、若手の活躍に隠れている感もありますが、やはり松中・柴原の復活・小久保の早期復帰が、チームを5割ラインで踏みとどまらせた大きな要因です。
特に松中が3番に座り、5番までの上位打線で点を取るシステムを確立した事で、現在、1試合平均得点4点と勝つ為の最低条件を満たす事が出来ました。(私は、野球は打者が4点を取り、投手が3点に抑えれば勝てる確率が高くなると思っています)
そして、先にも触れた若手野手の台頭は、福岡のTVニュースなどでもよく取り上げられています。今まで、中西・長谷川など知られて無かった選手が、多くのファンから期待の目で見られているのは、ホークスにあまり無かった事です。
今年支配下選手登録の野手で、一軍の打席に立っていないのは、ルーキーを含め、たったの8人だけと怪我人が続出したとはいえ、いかにチャンスをもらっているかが良く分かります。素人目にも「いい形で打っているなぁ」と感じた野手は、すぐ一軍へ行って、しかも一軍で、なんらかのチャンスを即座に貰っており、王ー石渡ラインの連携の良さがこうした現象を起こしているかなとも思います。

【近5年のドラフトの傾向から診る現有戦力】【後半戦の展開】大場と松田がキーポイント
ここ数年のホークスのドラフトは、明らかに野手優先の指名でした。それでいて、即戦力投手もそれなりに獲得しており、獲得した野手の育成に成功すれば、後年、高く評価を受ける指名ではないかと思います。
投手については、大場・新垣・馬原の出来が後半戦の鍵となると思います。大場・新垣のピッチングはハマルと手が付けられないほど、爆発力がある力量ですから、彼らに勝ちが計算出来るようになれば、トップでのゴールも視野に入ってきます。
シーズン前に馬原が7月まで復帰にかかるようなら、今年の優勝は期待出来ないと思っていましたが、7月までなんとか持ちこたえました。なんとか後1ヶ月を凌ぎ、馬原の鬼神の如き活躍を期待したいです。

打撃陣では、松田の長打爆発がキーポイントだと思います。5番までの打線でなんとか点は取れているのですが、松中・小久保・柴原の夏バテも予想されますし、下位でも点がある程度取れないと、優勝を争う試合では苦しくなります。大村が帰ってきて、出塁率があがるでしょうから、柴原・大村といった打者をホームに帰す役割の打者が必要となってくるでしょう。その第一候補は松田でしょう。
又、序盤に350の高打率を残した井手正太郎や勝負強い田上の復帰が見込まれる事も大きいです。もし、松田が前半のようでしたら、彼らを代打に出すといった荒療治も必要かもしれません。松田のところに回ってくるだろうチャンスをどのように点を取るのかが、首脳陣に求められるような気がします。

【結論】
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ←励みにしております。よろしかったら、クリックをお願いします。
投打ともに、潜在能力の高い選手が本領を発揮しておらず、余力は残されている。しかし、その余力が発揮されない場合は、前半戦以上の戦いを展開する事は、苦しくなる可能性もあるかと。(久米小椋・MK柴原にこれ以上は苦しいかも)
又、これからの季節は、打者で勝っていきたい。その為には、第3の大砲が必要。それは松田。
スポンサーサイト

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

コメント

No title

いつも丁寧なコメントへの返信、お疲れの中本当にありがとうございます
昨日の試合は見てないのですが(夜勤が本業なので) どうやらキーマン松田は バット寝かせに戻したようですね。 ファームでの二ホーマーも 寝かせて打ちましたし、 やはり松田は普通の理想の形に捕われず彼のリズム メカニックに合わせたほうがいいかもしれませんね

やはり高橋徹はオープン戦の時抱いた危惧通り まとまったままですか… まとまって一軍では力不足…う~ん 少し意識改革が必要な…。

なるほど!…岩嵜がいましたね! 勝手に斎藤和己のように、将来の選手と位置づけてましたが ロッテの唐川にしても 最近は高校生にとらわれず 実力があれば年数に関わらず実戦で… 岩嵜は私は高校時代しか見ておらず 管理人様のかつての記事ではスピードは出るがアジャストされやすいタイプ…と書かれていたので まずは体力作りからかな?…と思っていたのですが 最近での御前試合での好投といい、急成長してきたのでしょうか? 高校時代も、サイドスローから上手に変え 一気に台頭してきた印象があり 未知の潜在能力が一気にいつか開花するのでは?…と甘い魅力にかられていたのですが、具体的に現在はどうなのでしょう?(野村監督が嫌う考えですね(笑))

…う~ん でも大輪の花咲かすにも まずはしっかり根をはってもらい ちょっとやそっとの風に負けないようにしてもらいたい気もしますし…清原みたいに節制を怠り 、気付いてからも わけのわからない柔軟性のないカチコチ断絶しやすい間違えた筋肉をつけてしまう…これだけは止めて欲しいです やんちゃでも 広岡監督のよい教えだけを的確に取り入れ 節制し柔軟な丈夫な身体を造りあげた工藤投手にはあらためて脱帽です。

話しは変わり、確かに管理人様の言う通り 下位打線での得点能力必至では、 交流戦の 中西 長谷川 辻らの台頭なくしてこのホークスの巻き返しはなかったでしょうし(的山の計算できる意外性もありましたが(笑))

やはりファンとしては 若手の台頭が 順位云々以上の楽しみがあります 小斉は 左肩の壁ををつくり、おっつけて左に打つことも また左投手を苦にしない点、 変化球にもためて打てる点など レギュラークラスの技術をもっている気がしますが いかんせんポジションが… 。

その点、長谷川はまだ打撃に脆さはあるものの センターを守れる利点、守備は最初の頃 周りを見る余裕がなく 細かいミスもありましたが 経験を積めば大丈夫でしょう 中西には失敗を恐れず(バント失敗などきにせず!バントのサインが出ないような選手になれ!) 鷹の侍になれ! 城所はう~ん なでるような空振りだけはやめてくれ(笑) 物凄いポテンシャルを秘めてるだけに 意識が変わると佐々木のようなスケールのでかい核弾頭になれるかな?… 最後に江川、順風満帆に行かない今こそ 何を考え なにをすべきかじっくり考えること…って綺麗ごと言っても あせっちゃうか…。

一回 鼻っ柱折れた ほうが 強い鷹の柱になれる! !
鷹の大きな幹になれるのは君だ! 頑張れ江川!

…また まとまりのない話しに… (汗) とにかく若手の活躍と馬原復活がキーを握る後半戦 高谷も管理人様が言うように 外野を割るバッティングを身につけて一軍にこい!
では 失礼します

ほーくすくす #- | URL
2008/06/28 10:38 edit

No title

>ほーくすくすさん

ほーくすくすさんのお言葉を江川に聞かせてあげたいです。この前、TVに江川が出ていましたが、「掃除とか、そうした事をきちんとしていく事で、何かが変わるような気がします。」とか言っていたので、決して、諦めず、腐らず頑張っているようです。暖かく見守っていきたいですね。

岩嵜はあれから、生で見ていないのですが、TVで偶然「チェンジアップ」を放っているのを見て、「これなら、一軍でも使えるんじゃないの?」と思った次第です。
私が見た時にも投球練習で放っていた球でしたが、フォークのように落ち幅が大きく、揺れながら落ちます。面白い球です。
私も基本的には、今年は雁ノ巣で育成が良いと思っているのですが、五輪中のみ「研修」のような形で放らせても面白いかと。徹なら6回3点くらいでなんとかまとめるでしょうが、岩嵜なら、上手くハマれば5回0点の可能性もあるかと。(2回5点の可能性も大いにあるのですが)

王楽太陽 #B9vKlaaI | URL
2008/06/28 18:02 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://naminoyukue.blog46.fc2.com/tb.php/90-5abc364d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。