LAND HO!

福岡ホークスのドラフト・ファーム情報を中心に鷹の未来を楽しむブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

江川よ、ジャック・カストとなれ(三振考察2) 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

三振の罪と罰(三振考察1) 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

ノーステップ打法ってどうなん? 

先日、野村が中田翔のノーステップ打法に対して、苦言を呈していました。古今東西(メジャー含む)、ノーステップで一流になった打者はいないとか言って。メジャーではバグウェル(元アストロズ)やプホルス(カージナルス)などが一流がいますが、日本だと昨年のT岡田以外にタイトルホルダーのノーステップ打者というのはたしかに私には記憶にありません。

この野村の見解は珍しく私も同調気味になっているんですよね。以前、一本足・すり足の時にノーステップについてちと触れているように。(リンク参照)(ってあの時書いた、松中のすり足がまた型が違ってきている気が・・・。すり足はすり足だけどつま先体重になってて、後ろに乗せすぎの打ち方になっている。少しスウェーするくらいで、打って良い稀有な打者なのに。後ろすぎると内野フライが増える)

このノーステップ打法の欠点を野村はきちんと説明しなかった気がしますが(あまり覚えていないので、説明してたらすんません)、私なりに代弁しときます。

1 体重移動が難しくて、パワーダウンとなる:(右打者は)捕手寄りの足である右足に一度体重を乗せて、投手寄りの左足に移す際の体重移動で生じるパワーをいかに効率的よく腕に伝えるかが、打撃のポイントなのですが、左足を動かさない打ち方はこれを非常に難しくし、パワーダウンを生じさせます。上半身中心の打撃となります。

2 左足のレーダー機能の低下:投手寄りの足である左足は、ボールとのタイミング・距離感を測るレーダーの役割を果たします。足を前に出すこと、着地するタイミングはバットを振りおろすタイミングでもあります。ノーステップは、このレーダーがないとまでは言いませんが、かなり曇った、性能が劣るレーダーとなりかねません。

こうした欠点があるにもかかわらず、これを採用する理由とは、

1 ノーステップで打つ事で目線がぶれず、変化球についていける。特に近年の「体の近くでちょっこし曲がるボール」への対応が出来る。

という理由があるのかなと思います。(それ以外はわかりませんでした)ただ、この目線がぶれるってのは、どーにも納得しかねるんですよね。変化球は目で追うっていうより、タイミングで追うもんだろうって気がするんですよ。目線がぶれても、レーダーである左足を巧く使えば、変化球は捉えられる気がするんですが。当然、私はホンマモンの変化球を打った事がありませんから、あくまで素人の感覚なんですけどね。
(ちなみに、私は草野球レベルの変化球ですら、足を上げないとタイミングがつかめません。足をあげて、「一拍」があれば、曲がってもそれなりに対応出来る感じがあるんです。ノーステップだと余計にその「一拍」が生じない気がします。変化球への対応という話で言えば、まだ、ノーステップよりも体の近くで打つ打ち方ってやつの方が話は分かるというか)

順序が逆になりましたが、もっとも問題点と言える、1のパワー不足については、唯一の日本人成功者ともいえる、T岡田にしても、昨年ノーステップにしたところ「ボールが思ったより飛ばない」というジレンマはかかえたそうです。
この打ち方はとてつもない上体の筋力を要する事から、日本人は向いていないとみられてきました。というか、日本人打者の「選球眼のよさ」「タイミングの取り方のうまさ」「バットコントロールの柔らかさ」からこの打ち方を必要としなかったといえるでしょう。さきのバグウェルは全盛期はもう15年ほど前ですから、本当はもっと早目に日本人がこれに興味を持ってもおかしくはなかったはずですから。それでも採用しなかったのは、一番にパワー不足の問題が大きかったと思います。

このノーステップですが、個人的な思い出があります。少年野球の頃、我がチームの不動の4番打者(最後はノンプロに行ったとか)が、スランプに成った際にコーチ・監督から無理にノーステップを強要されていたのです。足を広げて、「前に突っ込むな」という指導のもとで。しかし、彼はその打ち方だとより打てなかったのを覚えています。
体格がよく、相撲がとてつもなく強く、今の私よりもボールを飛ばしてたんじゃないかと思えるスーパー小学生だった(たしか、中学のリトルリーグでも3年連続全国ベストナイン入り)のですが、あの打ち方だと飛ばなかった。ボールが上がらなかったですね。で、足を少し上げる打つ方にするとまた打ち始めた。(で、俺がマネして足を上げると怒られた(笑))
という個人的な思いもあって、あの打ち方は疑問符がつきまくりなんですよね。

昨年、江川が一軍で「突発性三振症候群」に陥った時、ツーストを取られて、いきなりノーステップで打とうとした事がありました。(結果は三振)あの時、私は「バカタレが、付け焼刃の打撃なんかしやがって。ノーステップで打つなら、もうお前の応援はやめる。」と思ったのを覚えています。その後、すぐにあの美しき一本足に戻して、安堵したんですが。(そして「エガちゃんLOVE続行中)



テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

すり足と一本足 

松中がすり足にして以来、彼の打撃が楽しみで仕方ありません。こんな事何年ぶりだろう。元々、松中はすり足打法でした。アマ時代も雁ノ巣でも、レギュラーを取った99年~03年くらいまで。03年に足をけがして、苦し紛れに一本足にして、それから徐々に一本足の比率が高くなった気がします。

私は基本的に打者は一本足打法の方が見るのは好きです。なんといっても、南海の門田の大ファンでしたし(私が野球を見始めた頃には王さんは引退していたんよね)、ダイエー時代でもその門田の教えを受け、一本足の美しき流れを引き継いだ、佐々木誠、山本和範、そして、小久保裕紀らのファンでしたしね。高々と上げる一本足打法こそが、ホークスの伝統的な打ち方と思っています。(次は江川が引き継ぐからね)
そう思っているのに、松中だけはすり足打法の方を観るのが好きなんです。品格がある打ち方というか、日本的な美しさを感じるんです。辞める前に戻してくれて良かった。

私は松中と同じ年ですが、私達が少年の頃は、一本足で打つなんて、指導者に怒られるような所業でした。我々の世代の高校野球なんかでも珍しかったんじゃないですかね。(私は高校で野球をやっていませんけど)一つ下の松井秀喜が高校時代に一本足だったのを「オッ、足上げるんや」って思いましたから。
非常に蛇足ですが、私は、足首が異常に硬く、すり足にすると左肩の開きを早めてしまう、且つ、足を上げないと間が作れない不器用なタイプなので、草野球でもバッティングセンターでも一本足でないと打てません。初めて、一本足で打って、「こんなにボールって飛ぶんだ。」という快感を得たのが忘れられないのもあって。

先述した、足を上げるのが怒られる理由としては、「足を上下させる事で目線がぶれる」「着地と同時に前に体が突っ込んでしまう」などが挙げられていたようです。(俺らには理由も無く、「止めろ」でしたが)ところが、今は高校生でもほとんどが大小あれ、足を上げて打ってますね。足と地上に隙間が出来ている。地を這わせる、すり足の方が本当に珍しい。
この流れは、一本足で打たせてもらえなかった、私にとっては、当時の指導者に「ざまーみろ」って言いたくなる流れではあるんですよ。私達は、足を上げないで打つのが基本とされた最後の世代なのかもしれませんね。
それだけにその世代の「打撃の基本」の象徴として、松中のすり足を憧れとして観てしまうのかな。自分が出来なかった事を同世代の松中が出来ていると。

ちなみに張本勲は、「ボールとの間合いを作るのが下手な選手は一本足が良い。しかし、間合いが作れるのなら、すり足の方がボールを捉える確率が上がる」と言い、古田敦也も「基本的に打撃というのは、すり足の方が良い。一本足は率を落としますよ。難しい打ち方なんです。(多分、こんなニュアンスだったはず)」と言っています。
一本足の方がよいのか、すり足の方がよいのかは人それぞれ理屈があるのでしょうが、同じ型の打ち方しか認めないような時代ではなくなりつつあるのは、歓迎すべきです。個性がいらないのは、トップの型とその後のスウィング軌道だと思います。そこまでは自分の体に合った個性を作るべきなんです。

といいつつ、私はT岡田らのノーステップ打法は「邪道じゃあんなのは。あれで打てるのは品が無か。」などと個性を認めない、昔ながらの体制側の人間に、何時の間にやらなっているんですけどね。チャンチャン。

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

打席の立つ位置 

松田が打席の立つ位置を前(投手寄り)から後ろ(捕手寄り)へ変更したという記事がどっかのスポーツ新聞に載っていました。(たぶん、スポニチ)
私は雁ノ巣では打席の立つ位置って結構、注目してみています。(ヤフードームでも確認出来る位置での観戦ならば、確認しています)雁ノ巣では、この打席の位置って、意外に打者によって、大きな違いは無いかなという印象を持っています。ほとんどが、最後ろで、インコースのバッターボックスラインより半足くらい離れて立つ感じですかね。
松田は記事によると昨年まで「変化球の曲がりっぱなを打ちたいから前の方に立っていた」と言っていました。
うーん、彼が「前に立っていた」という印象は雁ノ巣時代には記憶に無いんですよね。まぁ、雁ノ巣にいた頃はメモまではつけてなかったんで、忘れただけなのかもしれませんが。

で、松田の言う「変化球の曲がりっぱな」という話ですが、これって幻覚でしょう。いくら、体の近くで曲がる変化球が全盛の時代になったとはいえ、物理学的に変化球はもっと前で(遅くともバッテリーラインの真ん中で変化は始まっている)曲がり始めているはず(姫野龍太郎氏の本をどうぞ)で、今までは、変化に気づいていなかっただけではないでしょうか?あいつは、あれだけ前に体が動きながら打っているから(目線がぶれながら打っている)、変化しているのに気付くのが遅れるのだろうと思います。
何の為に後ろに立つのか、知りませんが、変化球の見極めが後ろに立つ事で改善するってことは松田の場合は関係ないのかなと。変化球は、曲がりよりもタイミングの方が重要でしょうし。
昨日のシート打撃のホームランも完全に前に泳ぎながら持って行った類のいかにも松田らしい、トンデモ打撃でしたから。(松田の打撃だけは批評の仕方がわからん)

ただ、基本的にバッターボックスというのは、後ろに立つべきだと思います。落合が技術書でも言っていましたが、「投手有利の野球界にするには、バッテリーラインを短くすれば、簡単にそうなるはずだ。(ソフトボールがそういったルール改正し、実証したと話もしていたはず)ということは、バッターは、バッターボックスで1cmでも後ろに立つ方が有利になる。」と。こうした意識で松田が後ろに立っているのなら、良いんですが、なんかよく理由が掴めんのですよね。松田を分かろうとする俺が間違っているのでしょうが。

ちなみに落合は、バッターボックスの左右の位置(ホームベース寄りかどうか)で、その打者の得意苦手が分かると言います。大概、ベース寄りに立つ打者は、イン捌きに自信があって、離れて立っているのは、外が好きだと。落合が解説者の頃、KBCで解説する機会が意外に多かったんですが、大道の打席の位置を見て、「あれはインが苦手だから、ああやって、(ホームベースから)離れて構えているんですよ。」と言ったのが、強く覚えています。

PS:1週間このブログをまともに見ていなかったのですが、思い切り間違った記述をしていましたので、今、訂正しておきました。(苦笑)前と後ろの記述を逆にしていたとは。一番重要な部分を間違って、しかも1週間も放置していたなんて・・・。よく左打者の記述をするのに、左右を間違えて書く事は多いのですが、これは度を越しています。今まで最も恥ずかしいミスです。謹んでおわびします。

テーマ: 福岡ソフトバンクホークス - ジャンル: スポーツ

PAGE TOP

ブロマガ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

リンク

みんなの注目馬(白)

非常ボタン

グーグル広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。